TOPスポンサー広告A型(新型?)インフルエンザ×3人。薬はイナビル。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP日々のことA型(新型?)インフルエンザ×3人。薬はイナビル。

A型(新型?)インフルエンザ×3人。薬はイナビル。
月曜日にアイが発熱

火曜日は凡が発熱

水曜日はアール発熱

木曜日は誰が発熱

トゥリャトゥリャトゥリャ…(泣)


咳がゴホゴホ出るし吐き気もあるし、こりゃ胃腸にくる風邪だろうと思ってたら
検査の結果はA型インフルエンザでした。
(アールは検査無しだが、ほぼ確定との先生の判断)

A型かぁ。じゃあ新型インフルエンザじゃないのね?
って私は思ってたんですが、実はそうではないのだね。

ではA型インフルエンザと新型インフルエンザの違いってなに?ってぇと

病院の検査キットで判別できるのはA型orB型ということのみです。

そして何種類かあるA型のうち感染者の約7.5割は新型インフルエンザ(ブタ由来のインフルエンザ)に罹っているらしい(割合は先生が素人向けにザクっと仰った感あり)。

で、採取した粘膜を更に詳しく検査(ウイルスの遺伝子検査→PCR検査)した結果で、
やっと新型かそうでないかの確定ができるんだって。
インフルのPCR検査は流行の状況を知る目的で一部の人にしか行わないということで、
今回はアイの検体を遺伝子検査に出します、と先生からお話がありました。
結果が出るのは2週間先とか仰ってたような?

まぁ罹っちゃった今となれば、新型だろうがA香港型だろうがどうでも良い。
だって、判ったからって治療法や予防法が違うわけでもないし、どっちもシンドいんだし…。

A型と診断されれば、過半数が新型インフルエンザということで、
はなから「新型」と仰る先生もいるらしいですが、
昨年の新型インフルエンザのパンデミック化に国民が必要以上に怯えてしまったように
むやみやたら「新型コワイ!」と不安感を募らせないためにも
まぁA型と診断されたら新型の可能性が高いという知識(と覚悟)は
持っといた方がよいのだなーと知りました。
って皆さん知ってるよね。私が無知だったってことで。

実際、新型インフルエンザの毒性は弱いし(ただ感染力はハンパない気がする…)
今はワクチンもあるんだから怖がらないで~と、ほぼ新型インフルエンザであろう患者(←私)が言ってます。


ちなみにワクチンは3人とも打ってました。
子ども達は高熱が出て「うわごとを言う」「食欲はあるが吐く」という症状がありましたが
それでも、インフルとしては軽い症状に見えました。
現在私は7度台後半までの発熱にとどまっており全身状態も悪くないので
ワクチンによる抗体が働いているのかも(まだまだ予断は許されませんが)。


さて、今回処方されたインフルエンザ治療薬は、タミフルやリレンザではなく、
去年9月に承認取得した新薬イナビル吸入粉末剤でした。
2011011902.jpg
タミフル(経口投与)やリレンザ(吸入)は1日2回、5日間の服用が必要。
今回のイナビル(吸入)は1回の服用で済むのが特長。有難いね。
昨年1月に発売された点滴薬のラピアクタも1回で効果があります。
(患者の年齢や病状によりお医者さんが勧める薬は違うと思われます。)

吸入方法は簡単です。味は…甘苦い。けど苦痛なほど苦くはないです。
しっかり吸込めば喉の粘膜まで届くからたいして味なんてしないのですが
恐る恐る口先だけで吸うと、口の中で薬が溶けるからじんわり苦く感じるよ。
5歳のアールが「美味しい(;゚∀゚)=3ハァハァ」ってしつこく吸ってましたから
ストローで吸う動作ができる子なら問題なくいけると思います。
(9歳のアイは吐き気もあったので「まずい…(T△T)」と嫌がってました)
アイは薬が効いたらしく今日は一日中平熱で元気にお家で過してました。

てなわけで、
幼稚園のママさん達でここを見てくれてる方がいらっしゃったら
先生にもその旨お伝えください(自分で言えってか?w)。
アールは正式な診断は出ていませんが暫く休ませます。
あ、今回は「家族に感染者が出た場合の園児自宅待機」はないそうな。
昨日園に電話して確認しました。

皆さんもお気をつけください。


応援クリックがブログ継続の励みになっています
↓のバナーを(σ´∀`)σポチッとして頂けると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
いつもありがとう
関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。