TOPスポンサー広告「エアブレスの家」の心臓が入りました

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP木工事「エアブレスの家」の心臓が入りました

「エアブレスの家」の心臓が入りました
我が家はINAXネオ空調工法エアブレスの家です。ブログ村人気ランキング


エアブレスは、在来木造軸組工法の技術を活かした工法で、高気密・高断熱構造の
建物の床下から壁の中、小屋裏までエアホストと集中排気システムを使って
空気を24時間循環させ、換気するという基本構造から成っています。
(詳しくはINAXネオ空調工法エアブレス 空気循環システムのしくみをご覧下さい。)

そのエアブレスの心臓である「エアホスト」が我が家に入りました。

2007111801.jpg

 エアホストで取り込んだ外気をフィルターで濾過
 (花粉、埃、車の排気ガス等を除去)
 冬場はヒートポンプで空気を暖めて送る



2007111802.jpg

 このチャンバーで分岐された空気は
 各部屋の床下に吹き出される



2007111803.jpg

 小屋裏で空気を回収
 回収された空気は200φダクトを通り
 エアホストへ戻る
 


こんな大掛かりな設備を、延べ床面積が34坪しかない小さな家に採用したのは
全て家族のアレルギー対策のため。うちは家族4人ともアレルギー体質なのです。
特に上の子アイの花粉アレルギーがひどく、一年中お薬を服用しています。

設備の初期費用はかかりますが、家自体に空気清浄機がついているという安心感と
冬場の暖房のクリーンさ、ダニ・カビと無縁の生活は大きな魅力でした。

気になるランニングコストですが、若干お高めのようですね。
エアブレスの家にお住まいの方のお話では、27坪(オール電化)のお宅で光熱費ピーク時(冬)で25000円程とか。
もう少しデータがあったらいいのに。。。
INAX側からランニングコストの説明が少ないのは不親切だなと感じます。

入居後、我が家でデータを取ってみますから、迷える子羊達よ、待っててね!


最後に、固いお話ばっかりで疲れちゃいましたので
おまけの画像でちょっと華やかに。
施主支給品のアンティークの照明がショップから届きましたよ。
壁に付けるブラケット、同じ物がふたつ。

2007111804.jpg
 ひとつは寝室に。
 う~ん、ロマンチックゥ(´∀`人)
 ひとつは玄関入って正面に。
 うゎお、カンバセーションピースゥ(´∀`人)



あかりが灯ると

2007111805.jpg

 こうなります
 シンプルにポチッと灯ります
 色白で艶やかな肌じゃ ほっほっ


せっせと集めた施主支給の照明は、後日改めてご紹介します。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ


↑                 ↑  
あなたのクリックが更新の励みになります
     読んでいただけましたら応援ポチよろしくお願いしマス



アップロードファイルにほんブログ村 住まい・一戸建てブログ人気ランキングへGO!アップロードファイル

関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。