TOPスポンサー広告苦手だったお絵描きが楽しくなってきた息子のはなし

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP子らのこと苦手だったお絵描きが楽しくなってきた息子のはなし

苦手だったお絵描きが楽しくなってきた息子のはなし
上の子アイが幼稚園児の頃は、毎日スケッチブックに女の子の絵を描いたり
自分で絵本を作ったりしていたのに、下の子アールときたら、
幼稚園に入っても字を書くこと・絵を描くことに全然興味を持ちませんでした。

男の子と女の子では、遊びの種類も違えば何を楽しいと思うかも違うし、
関心を持ち吸収しはじめる時期や能力には個人差があるのだから
もちろん無理強いするつもりはないのだけれど、
時々は意識的にきっかけ作りをした方がよいのでしょうねぇ…。

実は今までほとんど本人の意思任せ…といえば聞こえはいいですが
放置状態というか「時期がくれば興味を持つさ」ってな感じでいたのです。

しかし…最近TVゲームにどっぷりとのめり込んでいるアールが
珍しくお絵描きをしたのですが、なんと描いたのは
びっくりするほど幼い(ほとんどグチャグチャの線だけ)タッチで描かれた
スーパーマリオワールドだったんです。
曲がりくねった単色の線だけで描かれた仮想空間…まるで2歳児が描いたような絵でした。

それを見てさすがに「2歳で停滞してる…このままではいかん」と感じた私は
「これから毎日1こ絵を描こう」とアールに提案してみました。

お絵描きに興味のないアールははじめは当然イヤそうでしたが
徐々に物語性を持った世界を創る楽しさが判ってきたようで、
最近では何か思い立つとスケッチブックとクレヨンを出してきて描くように。
前の日記に書いたスプレーマムも描いてました。
それまでお花といえばチューリップの形が全てだったアールでしたが
下手くそな私の絵を真似て菊らしい形にも挑戦しました。

こんなタイプのお花は・・・
2010112401.jpg


ママならこう描くんだぜ(下手くそでお恥ずかしい)
2010112402.jpg


そんなのアールだって描けるよ
2010112403.jpg



じゃあこの花は?
2010112404.jpg


ママならこうやな
2010112405.jpg


アールだって描けるしー(←得意顔)
2010112406.jpg


写実性なんていらない。むしろ独創的な表現こそ面白みがあるのだけど、
まずは表現の仕方が判らなかったアールに「表現できると楽しい」と思ってもらいたい。
今はその段階かと思われます。


ママは跳び箱の前の踏み板です。バネの力を最大限に利用して飛びなさい。


↓お帰り前に、よかったらポチっと。
 あなたのお声代わりの応援クリックがあるととても励まされます。
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
ご来訪ありがとうございました(´-ω-`))ペコリ
関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。