TOPスポンサー広告古材の梁、諦めます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP内装古材の梁、諦めます

古材の梁、諦めます
リビングとダイニングに使いたかった古材の飾り梁




 キッチンからリビング側を見たイメージ
 クリックで全体画像が見られます



工務店が古材屋さんで探してくださいました。

古材は、シロアリがいたり、保管状態が悪いと腐食が進んでいたりと
コンディションのよい物を仕入れるのがなかなか難しいのだとか。

そして今回探して頂いた中で、状態の良い古材が一つだけあったらしいのですが
その古材がやたら太い(直径20cm以上とか)らしいのです。

我が家で梁が最も活かされるスペースといえば、平屋部分のダイニングです。
しかしこのダイニングスペースは4畳半程の狭い空間なので、
太い梁ではバランスがとれません。

アタマでっかちです。

赤ちゃんが綾小路翔のリーゼントしてるみたいなもんです。

やっぱり太すぎる梁はうちみたいに華奢な(←小さいと素直に認めたら?)家にふさわしくありません。


他に良い古材はない。しかし、そろそろ梁の準備にかからないといけない―。
という訳で、古材の流通と我が家の需要とのタイミングが合わなかったので
残念ながら古材の梁は諦めました(;´д⊂)

そして古材利用を取り止めた最たる理由は、実はサイズ云々ではなく
より深刻な問題を知ったからでした。

昔の材木はクレオソートという有害な防腐剤が施されている可能性があり、
その場合、エアブレスの家では強制的に空気を循環させるので
古材に含まれた有害な物質が全居室に回ってしまうとのことでした。


古材利用の不安要素、シロアリ有害物質―。どちらも怖い…
この話を聞いて、古材への未練が一瞬にして吹っ飛びました。

古材風、この「風」にずっと抵抗を感じてきましたが
今は上辺だけのこだわりは捨て、新しい材木を加工した飾り梁で
家の安全と家族の健康を守ろうと決めたのでした。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ


↑                 ↑  
あなたのクリックが更新の励みになります
     読んでいただけましたら応援ポチよろしくお願いしマス



アップロードファイルにほんブログ村 住まい・一戸建てブログ人気ランキングへGO!アップロードファイル

関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。