TOPスポンサー広告子どもの音感と、5歳児が選ぶビートルズBEST5

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPおすすめのオト子どもの音感と、5歳児が選ぶビートルズBEST5

子どもの音感と、5歳児が選ぶビートルズBEST5
子どもの感覚って大人よりずっと敏感でかつ正確だと感じることがあります。
人生で蓄積された情報量が少ない分、余計な先入観も生まれにくいのでしょうか。

嗅覚なんて人間離れしてると感じるくらい鋭くないですか、子どもって。
お客さん来た?(←コーヒーの残り香を感知)とか
なんかコッソリ食べた?とか、今日の晩ご飯は○○かぁ…とか、
モヤシ茹でた臭いするけどナムルでも作る?あたしナムルはちょっとねぇ…とか
あんたは姑かと。食いたくなきゃ食わんでいいですよと。ったく
食卓に並べる前にそれ食べたくない宣言される気分。
親になってから存分に味わうがいいさ。チェッ

(今日は動画が重い為記事を折り畳んでます。下の「続きを読む」から進んでください)


ブログ村ランキング←参加中です
人気ブログランキング←こちらも参加中^^
  
子どもは聴覚もいいです。音感っていうのか。
うちの場合親がビートルズ聞いているためか子ども達もビートルズにうるさくて
時に親より敏感だったりします。
例えばTV番組のBGMに曲が使われていれば親より先に気付くこともありますし
ビートルズナンバーでもシンガーや演奏がビートルズでない場合も当然指摘するし
編集を施してあっても…曲のごく一部の2~3秒のジングルにも気付いて教えてくれたり。
ジングル:コマーシャルの前後やコーナーの開始の時などに使われる短い音楽や効果音

また、曲を聞かず唐突に口ずさむ時にも正確な音程から歌えたり…とか。
そういう音感の良さってうちの子に限らず小さい子どもにはよくあるハナシ。
子どもの音感って侮れないです。
で「うちの子は絶対音感があるわ!…神童かも?!」と色めき立つ大人がいたとしても
それはそれで大いに結構。親バカ万歳。澄んだ感性を生かすもころすも環境次第だものね。
神童だ!と思い込んで教育環境を与えてあげれば天才○○になるかもしれない。
(○○部分は音楽家でもプレーヤーでも料理家でも野菜ソムリエwでも)


さて話はちょっと逸れたけども、昨夜うちの下の子アールと
眠りにつく前に布団の中ふたりでビートルズ談義をしておりましたところ
「アールの選ぶビートルズBEST5」を教えてくれました。
その選曲がなかなかシブくて興味深かったので育児日記的に記録しときます。

1. Hey Bulldog(ヘイ・ブルドッグ)-“Yellow Submarine”収録

Beatles Hey Bulldog ビートルズ ヘイブルドッグ



2. I am the Walrus(アイ・アム・ザ・ウォルラス)-“Magical Mystery Tour”収録

The Beatles-I am the Walrus(BEST QUALITY)



3. Eleanor Rigby(エリナー・リグビー)-“Revolver”収録

The Beatles-Eleanor Rigby



4. All Together Now(オール・トゥゲザー・ナウ)-“Yellow Submarine”収録

All Together Now - The Beatles



5. Hey Jude(ヘイ・ジュード)-“Past Masters Vol.2”収録

The Beatles, in Hey Jude


今、最後の“ヘイ・ジュード”の映像で何故か泣けてしまった。
正確には涙は流れてないけど普段使わない涙腺が刺激された痛みっていうか
さびた水道の栓を開けるような、そんな鼻筋のツーン感が長引いて…不快(←卑屈かっ)

さーて今晩はロンハーでブラマヨ吉田の格付だ。
あっニノのドラマも見たい。

レンコンのきんぴら←メモ


↓お帰り前に、よかったらポチっと。
 あなたの応援クリックで「明日も書いちゃお」が生まれます。
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
ご来訪ありがとうございました(´-ω-`))ペコリ
関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。