TOPスポンサー広告トイレを飾る その2

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPインテリアトイレを飾る その2

トイレを飾る その2
前回の続きです。
トイレットの話ですがカテゴリは「インテリア」に入れました。

こちらが前回書いたトイレ飾り棚の姿です。
2010090702.jpg

私にとってこの飾り棚のメインはシェルフ本体
ドイツの古いものなんだけど、無骨でそっけない中にも控え目に装飾があったりする。
べっ、別に可愛く見せようとなんてしてないんだからねっ!
みたいなあまのじゃくな感じっていうの?フフ(低俗な妄想って無駄に楽しいね)

このシェルフの使い方で一番理想的なカタチは、
小さな洗面台に四角い鏡をつけて、その下にこの棚を付けて…
で、歯磨き用のグラス(ノスタルジックな切子細工が入ってるといい)と
歯ブラシと歯磨き粉を置くんです。
すごく普通だけど、そんな使い方がしたかったんだな

なのになのに

いつか実現したいです。


棚への熱い想いはこのくらいにして…上に載ってる物も一部クローズアップ

2010090701.jpg

小さな小さな羊の置き物が居ます。
当ブログの左フレームでプロフ画に使ってるのと同じです。
この子達もドイツから来ました。
下には、なんかのオマケで貰ったコットンレースをお茶でムラ染めにして
引きちぎった(←アンティーク加工ですよ)ものを敷いてます。

あとは…なんかあったっけ

2010090703.jpg

後ろに貼ってあるのはコテバスのキャンドルに入っていたグラシンペーパーです。
紙の質感と印刷がとても美しくて捨てられずトイレに飾りました。


他は…トイレの中には植物が3種類。全てドライフラワー(?)です。


飾り棚の中央に飾ってるのはナンキンハゼの実のドライ

2010090705.jpg

フラワーベース色々
   



ニッチにはニゲラの種を。

2010090707.jpg

↑これは庭から摘んだばかりで緑色ですが
このまま放置して茶色いドライに変えていく予定。腐るなよ。


あとひとつ、外から光が差す小窓の前だけは
セピア色のトイレの中で唯一色のある小物を置いたスペースになってます。

2010090706.jpg

アンティークのインクボトルに挿したのは庭に咲いたヘリクリサム。
ドライになっても淡いピンク色が残ってます。


気泡入りのボトル(右端は倉敷意匠の現行品。他はアンティーク)
   

トイレの中は湿気も高いし今は特に日中の気温が高く
生花を飾るには不向きな環境なのでドライフラワーが向いてる気がします。

ただアジサイのような繊細なドライは、
触る度におしべやら花びらやらがカサカサ散っちゃって
ガサツな私が飾るには不向きなようです。


って、あらまた長引いちゃったよ…。そろそろトイレから出ますかね。
読んでくださった皆様もお疲れさまでした。

↓お帰り前に、よかったらポチっと。
 あなたのお声代わりの応援クリックがあるととても励まされます。
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
ご来訪ありがとうございました(´-ω-`))ペコリ
関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。