TOPスポンサー広告イネ花粉アレルギー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP子らのことイネ花粉アレルギー

イネ花粉アレルギー
上の子アイはイネ花粉アレルギーで、この季節は毎年気をつけなくてはなりません。
特に雑草より水稲(田んぼの稲)の花が咲く時期が一番危なくて、
お盆の前後は注意が必要なんです。
毎年お薬を服用して強い目薬を1日4回点けて何とかしのぎます。
(それでもかゆくてしんどいおもいをしています)

家中の窓は当然締め切ったままで朝からエアコンつけっぱなしになります。
これもまた辛いんだ。
だって猛暑とはいえ朝晩は若干涼しくなるというのに窓開けられないし。
用事があって外に出たら家の中より外が涼しいってこと、よくあります。


数年前のお盆の時期、アイが目を激しく掻きすぎて、
目からブヨブヨに腫れた粘膜が飛び出すほど(表現がグロテスクですみません)
重症化したことがありました。
そんな時に限ってお盆で眼科医は長期のお休み。
救急病院で長く待たされる間ずっと「かゆいよ、こわいよ」と泣いていたアイの姿が
目に焼き付いて離れません。

そんなことがあってから夏休み(特にお盆休み)は私達家族はなるべく外出しません。
子ども達がレジャーに出かけられないのは可哀想ですけどね…。
今年は注意しているので痒さに堪えられない程ひどくなったりはしていません。

自分もスギ花粉アレルギーなので猛烈な痒さや鼻炎の辛さはよーく判ります。
「掻いちゃ駄目」と判ってたって大人でも発作的にボリボリしてしまうもの、
ついつい患部に手をやってしまう子どもを見るのも注意するのも、ほんと切ないわ。

同じようにイネ花粉に悩まされている方やお子様をお持ちの親御さん多いことでしょう。
一日も早く花粉の時期が終わるといいですね。

↓お帰り前に、よかったらポチっと。
 あなたのお声代わりの応援クリックがあるととても励まされます。
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
ご来訪ありがとうございました(´-ω-`))ペコリ
関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。