TOPスポンサー広告夜明けのハーブティーの実験

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP宿根草夜明けのハーブティーの実験

夜明けのハーブティーの実験
去春に植えたコモンマロウの株に、今年やっと花がつきました。

2010060201.jpg


 私の背丈より高く
 育ったコモンマロウ
 
 タチアオイのように
 下から次々と
 開花していきます 




大きな株に次々と花をつけるコモンマロウ。
午前中のうちに咲いた花を摘んで、乾燥させればドライハーブに。
生の花でもハーブティーを楽しめるらしいです。

今週に入って次々に花が咲き始めたので念願だったドライハーブ作りに挑戦っす。

2010060101.jpg

直径5センチくらいの花をサッと水で流して(色素が出るので手早く!)、
外で日陰干しして、こんな風にカラカラになったらドライハーブ完成。

2010060301.jpg

えーこのマロウティーはビタミンA、B、Cを含み、喉の痛や咳を和らげ痰を取り除き、
気管支炎、胃腸障害などに有効
…ってめっさいいお茶ですやん!
風邪のひきはじめにピッタリだね。昔からお薬として使われていたそうです。

また“夜明けのティザーヌ(仏語でハーブティー)”と呼ばれ、
色の変化を楽しむことができるのも魅力らしいです。
青(青空?)→グレー(夕暮れ?)→紫(夜?)→ピンク(朝焼け?)みたいな?

おもしろそう~。うひゃひゃ
ドライハーブの方が濃い色が出るらしいんだけど、とりあえず生の花で実験してみる。


お湯に生の花を2輪入れて待つ事数秒・・・


うほっ!青い!!

2010060102.jpg


なんて優美なの・.*:・(*´∀`*)ウットリ・.*:・


2010060103.jpg



確かに空色だねー。あ、これって紫キャベツの煮汁が青いのと同じだ。
てことは、キャラ弁作りで発色が難しいとされる「青」に利用できるんじゃない?
まぁ私はノータッチのジャンルだけども ァ '`,、'`,、(゚∀。)'`,、'`,、


2010060104.jpg


で、この青が綺麗なのは1、2分程でその後は確かにグレーに退色していきました。
(画像撮り忘れ)


お花をお湯から取り出してみると

2010060106.jpg

右側の、くしゃくしゃに丸めたティッシュみたいなのが色の抜けたマロウの花です。

さて、ここからが理科の実験的なお楽しみ。
青グレーのマロウティーにハチミツを垂らしますよ。

ぼ~くはぁ、ハチミツがぁ~、だ~いすきだからぁ~(←プー憑依中)
い~~っぱい、たらしておくれよぉおぅ~

おぅ?


2010060105.jpg

紫になった!
次にレモンを垂らすと・・・

2010060107.jpg

ピーンク!キレイな色。美味しそ(゚◇、゚)

オッケー気が済んだ。では頂いてみましょうね。

んー味は…普通に、はちみつレモン( ´_ゝ`)ですね。
マロウの味は判別できず。ほとんど無味です。

そしてこの日は、気の毒にというか、タイミングよくというか、
アールが咳で幼稚園をお休みしてたので
ハーブティーでどれだけ咳コンコンが楽になるか、被験者になって頂きました。

しかしアールは若干、神経質でして…
「花で作った色水を飲む」ことが嫌らしく涙目でチビチビすすってました。
ハ~チミツが大好きなんだからぁ~ お~いしく飲めばいいのにぃ~  どうかしてるぜ!

と、母親が色んなのを憑依させて遊んでいる間に
アールくん頑張って飲み終えてました。

で、咳はーー。その後減ったような気はしたけれど、
自然治癒の範囲内の回復に見えなくもないので効能は確認できませんでした(-公- )
 
でも、お花や葉は食用もできるっていうし、とにかく体に良いことは間違いなさそうなので
お花が終わるまで、せっせとドライハーブ作りに勤しみます。
種も採取したいな。


↓あなたの1日1クリックのお陰でいろんなことが頑張れます
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
ご来訪ありがとうございました(´-ω-`))ペコリ
関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。