TOPスポンサー広告肥料はむずい

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP庭雑記肥料はむずい

肥料はむずい
今日は字がいっぱいです。 読みづらっ!
そして面白くない。あ、それはいつもと変わらんかw


ガーデニングを始めたばかりの頃、肥料や農薬は何を選んだらいいのかさっぱり判りませんでした。
というか、肥料や害虫対策を勉強するのが嫌でガーデニングにずっと及び腰だったのかも…。

今もまだまだ初心者で勉強不足。失敗しながら身を以て学習している最中です。
犠牲になった植物には申し訳ないのですが失敗から得るものは大きいです。

ズボラーの庭作りは「出来るだけ簡単なお世話でそこそこ綺麗に見える庭」を求めて日々模索していると言っても過言ではありませんので、肥料についても、なるべく購入する種類は少なめで、また覚えることも少なめで(笑)
背伸びしないでやっていきたいと思っています。

とりあえず肥料について覚えといた方がいいと知ったことを
思い出したことのみザザっとまとめます。
自分のおさらい用なのでわかりにくいとは思います。読み流してください。


肥料初心者のためのポイント その1
まず、肥料パッケージに書かれた記号の意味を知ること。


書かれているのはNPK、その他にCaとかMgが加わる場合も。
書き方はN10-P7-K8 こんなカンジ。
これだと「この製品100gの中に、窒素が10g、リン酸が7g、カリウムが8g含まれている」
という意味ね。リン酸、カリウムに比べて、窒素の配合バランスの高い肥料であることが判ります。

記号は、肥料の3要素である、窒素(N)、リン酸(P)、カリ(K)を意味しています。

成分にはそれぞれ生長に与える得意な分野があるらしい。
簡単にまとめれば、

窒素(N):葉肥え ←葉や茎などの生育を促進し 葉の色を濃くする
リン酸(P):実肥え ←開花や結実を促進する
カリ(K):根肥え ←根や茎葉を丈夫にし、耐病性を高める

例えば、リーフプランツ等葉っぱが命の植物には窒素(N)の成分の多いものをあげて
お花を楽しみたい植物や実のなる野菜類にはリン酸(P)の肥料をあげるらしいのだけど、
ガーデニング1年目、よくわからないまま窒素(N)の多い肥料ばかり与えていた時
花壇は見事に葉っぱが青々と茂っていました。そりゃもう異常なほど。

うちの花壇にデカい顏して宿根してるやたら丈夫なプリムラなんかは
庭に来る人に毎回「これはなんて野菜?」と聞かれます。
見た目サンチュっぽく、肉でも巻きたいくらい大きく瑞々しい葉っぱなのだ。

私はそれで満足していたのですが、ガーデニング歴の長い実母が庭を見て
「窒素系肥料のあげすぎ。このままじゃ花がつかないよ」と忠告してくれました。
肥料をやりすぎた植物は無駄に緑色いんだとw 不自然なんだって。
ビギナーの私にはさっぱり見分けがつかん…


肥料初心者のためのポイント その2
肥料の種類と与え方をざっくり把握すること。

例えば肥料には、固形(粒状)の肥料と、液体のものがある。
どっちを買えばいいのかと。

答えは「どっちも買え」っつーことなんかな。

粒状の肥料は「ゆっくり効く」、液状は「すぐ効く」ので、
乱暴に言えば、生長過程のものに粒状、お花や実を毎日つけているものは
スタミナ補給に液肥を…という具合に使い分ける(というか、足す?)んすね。
緩やかに効く粒状が毎日のご飯だとしたら、液肥はドリンク剤でしょうかね?
違いますか?w

肥料を加える時期にも色々あって、
元肥(もとごえ・げんぴ)、追肥(おいごえ・ついひ)、追肥の種類として、春肥(はるごえ・しゅんぴ) または芽出し肥(めだしごえ)、お礼肥(おれいごえ)、他に寒肥(かんぴ・かんごえ)など
ややこしいよね。やれやれ。

↑ここらへんは、私の稚拙な説明より、わかりやすいサイトで。
オススメは→住友化学園芸「肥料の選び方」

肥料をうまくやれば、長く実や花を楽しめるし且つ病気しにくくなったりするので
しっかりおさえた方がいいみたいです。
いやー、奥が深い。難しい…。
宿根だからって放置しくさってないでちゃんと肥料をあげなくてはいけないね。


さて。肥料は大体わかったとして、あとは害虫対策です。

梅雨明けって恐ろしいほどに虫がつきます。
今からもうすでにブルー。

今日の朝も丈夫で手間要らずな筈のシロタエギクが枯れてるの発見しちゃった。
どの茎の中にも青虫が住み着いているんです。
それを見てから、今日一日ずーっと落ち込んでます。
なんつーか、自信喪失ですよね…。
手間のかからないシロタエギクだからってお世話もろくにせずにいたせいで
あんな目に遭わせてしまって。かわいそうなことをしました。

オリーブのハマキムシも今は薬を使わず捕殺しているけど全然追いつかない。
毎日新しいチビっこ誕生してます。
やっぱり農薬を撒くしかないのかな。
木酢液じゃあんまりハマキムシの忌避は期待できないみたいだしー(´Д`)ハァ…

さきほど実家に「樹木の農薬散布用のシュー(←名前わかんね)貸して」と
電話しておいたので、今から借りにいってきます。

虫キライ。


そのうち「農薬(害虫駆除)はむずい」って記事も書くことになりそう(-公- )



↓楽しみにしてるよ のポチをして頂けると励みになります
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
ご来訪ありがとうございました(´-ω-`))ペコリ
関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。