TOPスポンサー広告鯉のぼりのかわりに

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPインテリア鯉のぼりのかわりに

鯉のぼりのかわりに
我が家には端午の節句の飾りものである兜や五月人形、鯉のぼりがありません。

というか、私達が住む地域は田舎で大きなお屋敷も多いのに
鯉のぼりをあげている家が少ないのです。

我が家に下の子アールが生まれたとき、オットに聞たのですが
もともとこちらの地域では、鯉のぼりを持っている家庭は少ないらしく
それよりも、男子のいる家庭では、お正月に床の間に飾る「天神様」に
重きを置いているようです(天神像の木彫や掛け軸を飾るらしい)。

私の実家の周りではお正月に天神様を飾る風習はあまり聞かなかったし
4月半ばには鯉のぼりがたくさんあがっていたものですけど
県内でも地域によって全然違うのです。

桃の節句の風習より端午の節句の風習って地域性が色濃く出るのかしら。


鯉のぼりや兜や五月人形といえば、強く育つ・大成・出世するという
願いがこもっていそうなイメージがありますが
天神様は学問の神様。賢い子に育ちますようにという願いがこもっているのでしょう。


で、我が家には床の間がないのでその天神様も持ってなくて(゚ω゚;A)

でも上の子アイにはひな人形があるのに長男アールに何もないのも
ちょっと寂しい…とおもい、飾り物をひとつ購入しました。


ベランダサイズの小さな鯉のぼりでも購入しよう、と検討するも
鯉のぼりは子どもが小さい間しか飾らないよ…と色々な方から聞いて躊躇。
出来ればアールが大きくなっても、端午の節句にはアールを想いながら
且つ「季節もの」のお飾りとして違和感なく家に置き続けたいとおもい、
目線を変えガラスの鯉のオブジェを購入し、玄関のニッチに飾りました。


2010050401.jpg


洋風も和風もごった混ぜも全部アリの我が家です。
自分が気に入ったものなら何でも飾るわよ。
テーマ?統一感?知らん。そんなもの(・∀・)キニシナイ!

季節の花をモチーフにした装飾もできれば一緒に飾りたいのですが
現在は気に入ったものが見つからないので、シンプルに鯉だけ置いてます。


この鯉は越翡翠硝子(こしのひすいがらす)という素材でできています。
富山県朝日町でとれた翡翠を硝子の原料に調合して独特の風合いを出すそうです。


2010050403.jpg


繊細なラインが硝子の中に何本も通っています。
まるで飴細工みたいな透明感と色の清涼感、それと
つぶらなポチョンとした瞳が可愛くて、お家に連れて帰りたくなりました。


2010050402.jpg


アールに「これはアールの鯉だよ」と話すと「アールのなんだ。かわいいねぇ!」と
ニコニコ喜んでくれていました。


ということで、うちには立派な鯉のぼりも鎧兜も天神様もないけれど
端午の節句になると、勇ましくも涼やかな姿のアールのガラスの鯉が
我が家の一番目立つニッチに飾られます。
(あ、この鯉は端午の節句に限らず初夏まで飾ります。涼しげだから)


↓あなたの1日1クリックのお陰でいろんなことが頑張れます
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
ご来訪ありがとうございました(´-ω-`))ペコリ

関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。