TOPスポンサー広告玄関ポーチのタイルがはがれた

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPお手入れ玄関ポーチのタイルがはがれた

玄関ポーチのタイルがはがれた
うちは玄関ポーチに天然木の柱が1本立っています。

2010032701.jpg

この柱の基礎部分(立ち上がり)にタイルが貼ってあるのですが
築2年目の冬、雪がたくさん降った2月のある日、立ち上がり部分のタイルが

ぺろーーんと

2010032702.jpg

はがれちゃいました。びっくりした。

工務店さんに連絡したところ、雪がとけてなくなってから補修しますってことで
3月に入ってから直していかれました。


で業者さんの話では、この立ち上がり部分から水が入りはがれてしまったのだと。
本来この部分には水が入らないようにコーキング処理するものだという話です。

確かにこんな湿気にさらされる部分にコーキング処理がないのは無謀ですよね。
そりゃはがれるわ。

前にタイル施工してくださった業者さんは別の方らしく
「なぜ前の方が処置しなかったのか…」って首をかしげていたけど。
まぁとりあえず無事直ったのだから、全然良いのですよ。

特にうちの場合、柱が天然素材ですから、乾燥したり水を吸って膨張したり
入った水分が凍結したりと、柱の状態の変化は何かと忙しいハズなので
今後もコーキングが劣化すればはがれるかもしれません。気をつけよう。

ではコーキング処置をお約束のビフォーアフターで。

Before
2010032703.jpg


After
2010032704.jpg


さてと、今回ははがれたタイルをそのまま使った筈ですが
万が一欠けたり割れたりしてしまった場合を考えて、
建築中に余ったタイルは施主が貰っておくと良いということを
改めて強く感じました。

以前の記事にも書きました…けど、どこに書いたか忘れたわ!オロオロ(゚ロ゚; ))(( ;゚ロ゚)オロオロ

こんな時に活用するのが左フレーム内にある「ブログ内検索」です!
自分も時々記事を遡るのが億劫な時にブログ内検索を使います。
今回は「タイル 貰う」というワードで検索したところ…おー出て来た(笑)

タイルの床
http://quilfaitbon.blog105.fc2.com/blog-entry-372.html


↑に書きましたが、タイルは実際の施工面積より若干多めに注文され
そしてたいがい何枚か余るようです。
余ったタイルはタイル屋さんに戻すそうなのですが、それを施主さんが貰っても
問題ありません(その分も建築代金に含まれているのですから)。
ただ普通は施主さんにとっては不要なモノですから、ビルダーさんも
「余ったタイルはどうします?」なんて聞いて来られませんので
タイル施工前に「余ったタイルはください」と言っておかれたら間違いないと思います。

後から注文できるものもあるとは思いますが、ロットによって色が違ったり
最悪、生産中止(廃番)になっちゃってた…なんてことにもなりかねませんので
貰っておいて損はないような気がします。


あ、だからといってコレをお読みになって
「えー、私貰ってないわ!」と焦られることはありません。
そんなこと言ってたら、余った床材やらクロスやら面材やら
何でもかんでも貰っておかなきゃ…って気になりそうだしw

おっちょこちょいの私は保険あって安心した、って話でした。



応援クリックがブログ継続の励みとなっております
↓のバナーを(σ´∀`)σポチッとして頂けると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
いつもありがとう

関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。