TOPスポンサー広告棚板のペイント。ワトコオイル or ブライワックス?

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPインテリア棚板のペイント。ワトコオイル or ブライワックス?

棚板のペイント。ワトコオイル or ブライワックス?
おざまーす(←おはようございます)
前フリ無しで昨日の続きです。前記事はこちら→棚板を準備する

今回はダイニング壁に付ける棚板(スプルース材)のペイントの模様をレポします。
といっても、自分の脳内整理の為の記録?なので、人様のお役に立つような情報はないかも…

でも読んでいってくだされば嬉しいです。というか読んで

あんたDIYが大嫌いでもイロイロ調べて頑張ってるやん?

あんたもやればできるやん?

と思って頂けるのならこれ以上の喜びはありません。(うっざー)


ブログ村ランキング←参加中です
人気ブログランキング←こちらも参加中^^
 
無塗装状態の棚板はこちら

2010030801.jpg

長い板(120cm)はダイニングに、短い板(45cm)はPCスペースに設置する予定です。


さて。塗料は何を選んだらよいかという前に、
まずどんな仕上がりにしたいかイメージを明確にしとかないといけません。

私の理想は、無難に

2010030901.jpg

リビングの飾り梁と同じ色味かな。木目を生かす自然な塗装にしたいのです。
ちなみに梁はオスモカラーで塗られています。
だったら棚板も同じ色のオスモカラーで塗りゃいいやん?って気もしますが
なんでしょう、DIYが大嫌いなクセに冒険してみたい衝動もあったりなかったりで

まぁとにかく、違うのを使いたいの。あたいオスモカラー卒業する(高いし…)。


んじゃ次に、木目を生かす塗料にはどんなものがあるかというと

1.オイルステイン
木材に直接浸透させて使う着色剤(水性ステインもある)。色の種類が豊富。
初心者でも塗りムラが出ない。触ると着色が落ちる。
塗装後にニスなどを塗ることで塗膜を美しく仕上げ保護することができる。

2.オイルフィニッシュ
植物油を主体とした塗料で木材に浸透して内部で固まる。
初心者でも塗りムラが出ない。触っても色は落ちない。
木材表面には塗膜をつくらないので木の自然な風合いが生きる。艶は出ない。

3.ワックス
天然素材を主原料にブレンドしたワックスで木製品を着色しながら
表面に塗膜を作り保護する。艶が出る。部分的な着色に使用することもできる。


ざっとこんなカンジなのかな?(自信ない)

オスモカラーはどれになるのだろう。
思うに、オスモカラーはオイルとワックスの良さを併せ持ってるんじゃないかなーと。

・・・今、これを書きながら
だからやっぱりオスモカラー買えばよかったやん?
と思った。しかし既に塗料を購入して塗り終わってるしね…( ´,_ゝ`)フッ

今回用意したのはWATCO OIL(ワトコオイル)BRIWAX(ブライワックス)

2010030904.jpg

ワトコオイルは「ミディアムウォールナット」という色を選びました。
ブライワックスは頂き物で色は「オールドパイン」でした。


まずワトコオイルを塗ってみます。
浸透性なので素人でも塗りムラなく美しく仕上げられるのがオイルフィニッシュのいいところ。
これなら不器用な私でも大丈夫でしょう。でもドキドキ…

 2010030906

お醤油みたいな色で粘度は低くサラサラしています。スポンジブラシで…

2010030907.jpg

ありゃ、濃過ぎたぁ?


2010030908.jpg

拭き取りっと。


おぉ・・・・これは

2010030909.jpg

ムラなく塗れるのがオイルフィニッシュのよいところだというのに
それでもムラだらけに仕上げた自分の手腕を目の当たりにして何やらキッパリ腹が座りました。
「よかろう、揺るぎない不器用さで一生スジを通すがよい。」みたいな。
ウッウッ

ブライワックスの色味も見たいので試してみますね。


ワックスをウエスにとると…こんなカンジ。

2010030910.jpg

これをすり込むように塗っていきます。

2010030911.jpg

1回塗りでこんな色になりました。
んー木目があまりない板だからのっぺりしてるね。
ワトコオイルの方が(ムラだらけだけど)梁の色と合うって判ったので
2枚ともワトコオイルで仕上げていきます。

1枚目の塗装でムラが出ちゃったから大きい板は慎重に、慎重に・・・




塗ったのに




2010030912.jpg

ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!なんでムラになるん?!

まぁしょうがないです。これも味ってことでいいです。
とりあえずペイントは終了です。



あ、そうそう。ワトコオイルは米国WATCO社と英国WATCO社では成分性能が異なるため
仕上がりも違うらしいですよ。ややこしいわね!

2010030905.jpg



うちで使ったワトコ・ダニッシュ・オイル・フィニッシュは米国WATCO社製、ギャラップさんで購入しました。


木材用 ワトコ・ダニッシュ・オイル・フィニッシュ WATCO DANISH OIL FINISH 473ml
価格1,522円(税込)


↑気になる匂いは、溶剤特有のクラクラくるものじゃなくて植物油の匂いです。
窓を開けて塗らなくても平気。個人的には全然イヤな匂いじゃなかったです。


英国WATCO社製のは赤い缶です。
 ワトコカラーオイル  200mL
 価格1,390円 (税込)



↓従来のワトコオイルより速乾・少臭。但し3色のみ。

 ワトコ ティンバーレックス 200mL
 価格1,365円 (税込)




  


ダラダラ長くなってしまいスミマセン。しかも読みにくいし、いいとこ無しです。

ふぅ、やっと棚板の取付けが出来る。
次は簡単なレポでちゃちゃっと終わりたいと思います。疲れた。


応援クリックは私のブログ生活のゴハンでございます。(´ー`)ゴハンたべたい
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
いつもありがとう
関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。