TOPスポンサー広告古い雑貨を飾る その2

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPアンティーク古い雑貨を飾る その2

古い雑貨を飾る その2
前記事の続きです。

アンティークキャビネットの最上段に飾った雑貨は、
扉の左側を手芸雑貨コーナーに、右側を文具コーナーにしたと昨日書きましたが
うーん、「文具」という分類が違う気がしてきました^^;

あえて名付けるとしたら、分類は何になるのだろう。
とりあえず、見て下さい。一体これは何コーナーですか?


ブログ村ランキング←応援して頂けると嬉しいです
人気ブログランキング←こちらも応援して貰えると嬉しいな(´・ω・`) 
ではキャビネット右側の扉から見えるコーナーにクローズアップ。


2010022402.jpg


白い陶器は古いインクボトル。
背後に貼ってあるのはサクレ・クール寺院のポストカードです。


そして手前にあるへんてこな器具は、古いポスタルスケール。
郵便の重さを量るための秤です。

2010022403.jpg


ポスタルスケールは様々な形のものがあってオブジェとして楽しめます。
古いものでよく見かけるのは(各々ショップにリンクしています)
img55823503.jpg img56349012.jpg accent.jpg
これらの形でしょうか。

私が持っている黒いスケールはちょっと風変わりな形で、
皿の上に物を載せると翼のような部分が両側にガーっと開きます。
他のスケールとは違ったこの甘さの欠片もないデザインに一目惚れしました。
(それと安かった。かなりお買い得だった!)
購入した時はフランスのものとして売っていましたが、
冗談の通用しないイカついドイツ軍人を思わせる風貌から
アテクシ勝手にドイツ製だと思い込んでいます。

実動しますがキッチンのデジタルスケールの方が精密に量れるので滅多に使いません。
たまにデジタルスケールで量った後に、こっちに載せて試してみるくらいかな。んで
「おぉ、5グラムずれてるw」と楽しみます(レター秤で5グラム誤差出たらアウトだす)


スケールの横には、古書から出てきた色褪せたメモを横に飾っています。


2010022405.jpg


枯れ落ちた枝についた花がらも、よく見ると健気で可愛いもので
裏のお宅のお庭の垣根から落ちていた、名もなき花を一緒に飾っています。

いや名前はモチロンあるだろうけど私は知らないって意味(笑)

2010022407.jpg


さて、右側のコーナーに名前をつけるとしたらなんでしょうね。
お便りコーナーとか?

ま、何でもいっか(*´ё`)


応援クリックが更新の励みになります(´・ω・`)ヨロシク
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
いつもありがとう


gooリサーチモニターに登録!
関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。