TOPスポンサー広告手ぬぐいでタペストリーを作る

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPインテリア手ぬぐいでタペストリーを作る

手ぬぐいでタペストリーを作る
高岡市の田んぼの中に、「蜂の巣」というお店があります。
一軒の古い民家に複数のショップが入っているのんびりしたお店です。
その「蜂の巣」の中に入っているショップ『あうん』さんは、かまわぬの手ぬぐい専門店。
先日そこでお雛様と一緒に飾るために春らしい桜の手ぬぐいを購入してきました。


ブログ村ランキング←応援して頂けると嬉しいです
人気ブログランキング←こちらも応援して貰えると嬉しいな(´・ω・`) 
日本手ぬぐいは使い勝手の良さだけでなくバラエティに富んだ柄を見て楽しむために
額装やタペストリーに加工して飾る方も多くいらっしゃいます。

色々グッズもあるんですけど


 白木のタペストリー棒




タペストリー棒(天然木) 縦型




  タペストリー棒(天然木) 横型




 手ぬぐい木製額縁:320×870mm 全9色



なんだか今回はグッズを注文して到着を待つ間にやる気が失せそうな気配。
思い立ったその時に、とっとと済ませてしまいたかったので
家にあった棒の切れ端で手作りしてみることにしました。


はい、では始めますよ。

ステ奥倶楽部幽霊部員ズボ奥(ズボラな奥様)の適当ハンドメイド講座

◆手ぬぐいタペストリー◆


準備するもの

手ぬぐい 1枚 
長さ45cmの棒 1本 (上下に使う場合は2本)
両面テープ
釣り糸(紐を付けたい場合はお好みの紐で)

2010022003.jpg

お散歩中に拾っておいた枝の切れ端は、意外と役立ちます。
皆さんも真っすぐな木の枝を見かけたら恥ずかしがらずに拾いましょう(笑)



ではまず、手ぬぐいを裏返してください。端っこから枝に巻き付けていきますよ。
巻き始めを止めるために両面テープで固定しましょう。

2010022004.jpg

短めのタペストリーにしたい場合は多く巻き付けます。


巻き終わりも同じように両面テープで留めます。

2010022005.jpg



ちなみに私は今回、上端だけに木の棒を使いますが、
上下に棒を付ける場合は、下端も同じようにくるくる巻いて留めます。


あとは、棒の両端に釣り糸をくくって吊り下げるだけ。


さぁどうなっただろう。ビフォーアフターで。


Before
2010022002.jpg



After
2010022001.jpg


急ごしらえにしては、まぁまぁかな。


これでも一応、作る前に画像加工して
手ぬぐいをどう付ければいいかシュミレーションしてみたんだよ。

2010022006.jpg

左側は下にも棒があるパターン。
他にも、額に入れた場合やファブリックパネル風にした場合なども考えてみたけど
今回採用したカタチが一番私の好みでした。



飾り梁にアイアン釘を打って釣り糸で吊ってます。
2010022007.jpg


これが手ぬぐい?って柄がいっぱい





 かまわぬの手ぬぐい使い方手帖



季節に合わせた柄の手ぬぐいを玄関や床の間に飾ったら素敵なんだろうな。
うち床の間無いけどさ(´・ω・`)ショボーン


応援クリックが更新の励みになります(´・ω・`)ヨロシク
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
いつもありがとう
関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。