TOPスポンサー広告迷路ブーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP子らのこと迷路ブーム

迷路ブーム
男の子と女の子って、興味を持つものの傾向が違いますよね。
いや、性差に関わらず性格に依るところが大きいのかもしれませんけど…

アイ(8歳女子)には小さい頃に積み木やレゴを与え、親が一緒に遊んで
遊び方もそれなりに教えたつもりでしたがほとんど興味を示しませんでした。

それにひきかえアール(4歳男子)は、一時的にウルトラマンや戦隊ものなど
ヒーロー系に興味を示しましたが、どうやらそれらはデザート的な存在で
主食はブロックや積み木といった自由な発想で創作していくタイプのおもちゃです。

見事といいたくなる程、アイが食指を動かさなかったモノがアールの好物なのです。
おもちゃや本が無駄にならなくて親としては有難いことですけど、まったく不思議ですねぇ。

で、アールが最近ブロックや積み木に加えて迷路の本が大好物なんです。
(これまたアイが興味を示さず放置されてた本だった)
特に↓このPHP研究所のシリーズ(香川元太郎さんの迷路の本)


ほんと大好きで一日に何度も観てます(その時間は集中してるから静かで助かるw)。

というか若干ハマりすぎ。
最近じゃ世の中何でもかんでも迷路に見えるみたいで
道路のヒビワレとか電車の路線図とか住宅地図とか、
とにかく複数の線が交差してりゃなんでも指でなぞってゴール目指そうとします。
静かに人体の内臓のイラスト見てると思ったら、胃袋から小腸を通過して
大腸をゆっくりなぞりながら「あ、もうすぐゴールだ!」って、すっかりうんこの気持ち。
タイルの目地の迷路とか、スケールでかすぎて半泣きでやってたりして。
だったら無視しとけばいいのに。なんでしょうか。(;・∀・)条件反射?
私にはまったく理解できません。ところがオットは理解しています。
なんとオットも子ども時代迷路に夢中だったらしい。小学生の頃迷路ばっか描いてたって(驚)
恐るべしDNAという事でしょうか。


応援クリックが更新の励みになります(´・ω・`)ヨロシク
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
いつもありがとう

con2_in_ttl10_ph01.gif
関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。