TOPスポンサー広告映画の評価を上げる音楽 その3

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPおすすめのオト映画の評価を上げる音楽 その3

映画の評価を上げる音楽 その3
映画の中で使われている曲がツボだと映画自体の評価が上がるという話で
今まで2つの映画を紹介させて頂きました。 その1  その2

3つめはアニメです。
メジャーな作品なので映画の説明はいらないかも?


人気ブログランキングへ紹介するのは“シュレック3”


“シュレック”は言わずと知れたアメリカのフルCGコメディアニメで
ドリームワークス製作。ディズニーをライバル視している会社ですw
実際“シュレック”は2001年にディズニーの“モンスターズ・インク”と
アカデミー長編アニメ賞を競い、見事勝ち取っています。


そのライバルのディズニー映画の世界を“シュレック”では
1作目から、しつこくしつこくパロってて(笑)
(ディズニー映画だけでなく色々な映画をパロディにしていますけどね)
特にシュレック3ではシンデレラや白雪姫や眠り姫が活躍しています。
この3人のプリンセス、ディズニーの世界では美しく可憐で心優しく描かれていますが
シュレックに出てくる彼女達は全然違う。
ひとクセもふたクセもある、鼻持ちならないキャラクターばかりなのです。
現代風といったらいいのかな。玉の輿願望があったりとかねw


映画監督曰く、

おとぎ話は私たちの成長過程でいろいろなことを教えてくれるが、
教えてくれたことが必ずしも社会では通用しないことがある。
物事は予想通りに運ばないこともあるということを、この映画を通して伝えたかった。

だと(笑)


えーと、音楽の話に戻ります。


シュレックは音楽がなかなか凝ってるので毎回楽しみでした。
私が好きだったイールズも使ってたし。

でね、“シュレック3”の中で白雪姫が悪者を倒すためにとある特技を使うんです。
その時の音楽に意表をつかれちゃったのよね。ちょっと笑ったな。


ディズニー映画によって私達にすりこまれた“白雪姫”のイメージってこんなのでしょ?

白雪姫は美しい歌声で動物達や小人達を操り、
トリップ状態の彼らに、お掃除やお料理や洗顔手洗いをさせる




そして、“シュレック3”の白雪姫は・・・・・


説明するより、動画を観てもらった方がいいかな。

(あっこれ英語じゃないね 汗)



“シュレック3”の白雪姫は美しい歌声で動物と門番を引きつけると、突然、
ツェッペリンの『移民の歌』の雄叫びを合図に、動物達と共に総攻撃をしかけるのです。
凶悪な表情、怖いw


動画では切れちゃってますが『移民の歌』から続いて流れるのは
ハートの『バラクーダ』という曲なんですよね。
どちらもギターのリフが強烈なインパクトを与えてくれる曲です^^


正直言うと、“シュレック3”は1や2に比べると個人的には「んーもう少し」って印象。
でもこの白雪姫のシーンのお陰で「時々観たくなる作品」に昇格しています。


「読んだよ」のクリックをして頂くと、次の更新の糧になります^^
右端の人気ブログランキングに新たにマイホームカテゴリが出来ました
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 人気ブログランキングへ
ありがとうございました。


関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。