TOPスポンサー広告新入りのアンティーク家具

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPアンティーク新入りのアンティーク家具

新入りのアンティーク家具
アンティークパインのキャビネット様は、イラガで鬱になっている日に我が家にやってきました。
待ちに待った到着だったのに、アレのせいでちっともテンションが上がらなかったなぁ。

あっ、あの姿を思い出してまた鬱になりそうに…
その前にキャビネットの画像出さねば!あそうだ。私はキャビネットと呼んでますがお店では「カップボード」として売っていました。
違いはなんだろう? まぁ買っちゃったんだからもういいか。

こちらが我が家の新入りアンティーク家具です。

2009091501.jpg


サイズはW845×D375×H1270
ドア脇のこのスペースに合う寸法、且つ、低めの背丈のものを探していました。

写真ではわかりづらいのですが、
左側の壁の出っ張り(キッチンの棚があります)の奥行きが30cmなので
実際はキャビネットが壁から7.5cm飛び出しています。

はじめは奥行き30cmに収まるキャビネットで探していたのですが、
棚の中身が見えないように扉のあるタイプが欲しかったこと、
子どもの絵本をしまうことを考えると、30cm未満の奥行きの棚では無理がありました。

しかし実際置いてみるとキャビネットの出っ張りは全然気にならなかったです。


2009091502.jpg


扉を開けたところ。
ディスプレイもしていない状態でとりあえずゴチャゴチャと置いてありますよ。


2009091504.jpg



中は3段の棚になっていて、一番下の段は子ども達の本が入っています。
真ん中の段はオットが使います。
一番上の段はガラス張りなのでディスプレイを兼ねた収納ができます。

小さな子どもがいるとガラス入りの家具って買うのに勇気がいりますよね~
うちも下の子がちょいと落ち着いた今だから買えたかな。

ここには、お気に入りのお皿でも飾ろうかな、って思っていたけど
使い始めて気がついた。
子ども達が本の出し入れでしょっちゅう扉を開閉するんですよね。
新品の戸棚と違って、扉も本体も少しガタガタしますし。
子どもが小さい間は壊れ物を飾るのは危険かもしれないなー。


2009091505.jpg



 子どもたちは
 鍵を開けて本を出すのが
 楽しいみたい



キャビネット選びでこだわった点である「中途半端な背丈」のメリットは、
狭い部屋の中で圧迫感がなくて良いということと、
127cmだと家具の上に物が飾れて、しかも子らに触られない(ΦωΦ)ふふ・・・


何を飾るかはこれからじっくり考えます(´∀`人)


ランキング参加中です。応援を頂くと更新頻度がてきめんに上がります。
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 人気ブログランキングへ
ありがとうございました(*´ё`)



関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。