TOPスポンサー広告仏像ブームとみうらじゅん

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPおきにいり仏像ブームとみうらじゅん

仏像ブームとみうらじゅん
今朝のめざましテレビで、仏像がブームだと知りました。

現在、東京・上野の東京国立博物館平成館で開催されている「国宝 阿修羅展」の入場者も
5月14日に50万人を超え大盛況です。
今やシニア層だけでなく、20代、30代にまで広がった仏像への関心は
「かっこいい」という表面的な魅力だけに留まらず歴史背景や像の持つ意味にまで深まり
関連書籍の発刊や雑誌でも特集が組まれるなど、仏像ブームは今や社会現象として
大注目なのだそうです。


と、ここまで話が進んだところでごめんなさいと言わせて頂きます。
この話、私が真面目に仏像ブームを検証するための導入部ではありません。


私が言いたいのは、やっぱりみうらじゅんってすごいなぁーってこと。


ちょww待って!! いま帰ろうとした?
そんな…最後まで読んでいってちょうだいよ~


  ブログ村人気ランキング 自分の中だけで流行っているモノをマイブームなんて言いますが、
実はこの「マイブーム」という言葉を作ったのはみうらじゅん氏なのです。

2009051802.jpg





 我が家にはみうらじゅんの
 書籍やDVDが多数ある




みうら氏の人生最初のマイブームが「仏像」(子どもの頃から仏像が好きだった)。
その後氏は、様々なメディアで仏像について語り、仏像グッズを披露し、
「仏友」のいとうせいこう氏と共に全国の仏像を見て回る「テレビ見仏記」という番組を持ち、
大槻ケンヂ氏、人間椅子らと作った大仏連(大日本仏像連合)というユニットで仏像ロックを歌ったり
多岐にわたる活動を展開していました。


2009051801.jpg



 いとうせいこう氏(左側)とみうらじゅん氏(右側)



今回の東京国立博物館平成館で開催されている「国宝 阿修羅展」についても
氏は無縁ではありませんよ。
みうらじゅん氏が会長となり発足した「阿修羅ファンクラブ」というものが大注目で
応募は2月末で締め切られたものの10代や20代の若者も多数参加し、
約1万2000人の会員を集めたのだとか。

氏の長年の布教活動(?)の成果が今やっと結実したと言っても過言ではない気がします。


今「ゆるキャラ」せんとくんが人気ですが、この「ゆるキャラ」という言葉を作ったのもみうらじゅん氏。
あんまり脚光浴びないけど、時代を先読みしている…というよりむしろブームの仕掛人。
凄い人なんですねぇ。
ただ、みうらじゅん氏はいやらしい話も大好きで、コアなエ○ネタを
メディアで臆面もなくしてしまうため、偉人ぶりがぼやけてしまう点は否めません。

Wikipedia「みうらじゅん」を見る


私はみうらじゅんと大槻ケンヂの「大仏連」が歌う「君は千手観音」という曲が好きで
このキルフェボンというハンドルネームのずっと前は君は千手観音という名前でした。
大仏連、勝手にお借りしてすみませんでした。


↓大仏連「君は千手観音」



ふふ…癒されたかしら(ё_ё;)?


そうそ、氏の活動の中には、
勝手に日本各地を視察し、勝手に観光ポスターやご当地マスコット、ご当地ソングを作る
「勝手に観光協会」というものもあります(笑)
あなたがお住まいの都道府県のご当地ソングも必ず作ってますよ。
是非探してみてください。

Wikiの勝手に観光協会にご当地ソングリストがあります→ここ
Youtubeにアップされている曲もありますので検索してみてね。


いつもポチ(σ´∀`)σありがとうございます
あなたの応援が更新の活力。明日も頑張るっす!
↓             ↓
にほんブログ村 住まいブログへ 
 
ありがとうございました♪




ナチュラルスタイルインテリアのランキングはこちら

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ


    


アップロードファイルブログ村 住まいブログ集へGO!アップロードファイル

↓押したらお礼画像が出ます。 コメもお気軽に♪
関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。