TOPスポンサー広告日常的な無垢床のお手入れ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP日常的な無垢床のお手入れ

日常的な無垢床のお手入れ
うちのパインの無垢床に使っているワックスはお米から生まれた自然塗料「キヌカ」。
サラダオイルくらいの粘性の液体で、伸びがよく、また自然素材でできているため
塗る時に手袋なんかしなくても全然へっちゃらですし(あっ、私はしないということです)、
臭いもないし、乾くのが早い!ということで作業性がとてもいいです。

しかし、薄づきであるが故にということなのか、水をはじく力はあまり強くない気がします。


  ブログ村人気ランキング  
例えば、子ども達のお風呂上がり、無垢の床に足跡が残っていることがあります。
パッと見にはわからないんですが、床を斜め上から見ると光線の加減で足跡が見えるというのかな。

どうやら、湿っぽいホカホカの足で歩くとワックスがはげるらしいのです。
水をこぼした時も、水が無垢床にシューッと吸い込むのを防いではくれますが
水を拭き取れば、ワックスもはげちゃってます。

それじゃあワックスの意味がないではないか!って思う?

でも、日常的な汚れは防いでくれていますよ。
雑巾で拭き掃除したら、黒ずんだ汚れが取れるもの。
無垢の床のままだったら木に直接汚れが付着しちゃいますものね。
キヌカワックスは塗りは薄いですが、薄い被膜で汚れから木肌を保護してくれています。




 自然塗料(オイルフィニッシュ) キヌカ 1L
 価格 6,500円 (税込) 送料別





で、我が家の場合。
日頃、濡れてワックスがはがれてしまった床をどうお手入れしているかというと

2009051201.jpg

百均で買ったドレッシングボトルにキヌカを入れて、
ウエスにチューして床をゴシゴシしておしまい。
ウエスさえ面倒な時はティッシュペーパーでやっちゃいます。

これだけで日頃のお手入れ完了です。


Before
2009051202.jpg






 クリックで大きくなります




After
2009051203.jpg





 クリックで大きくなります




キヌカは、他のワックスに比べてベタベタ感が少なく塗った後でもあっという間になじみます。


私はこのキヌカの施工性が気に入っているので、しばらく使い続けようと思っています。


皆様はいかがでしょう?


塗るのがらくちんだけど、日常的に、この程度のこまめな手入れをするか
塗るのが大変だけど、年に一度のワックス施工で済ませるか

どちらがお好みかな。



更新サボり気味。休みぼけが抜けていませんが
あなたのポチ(σ´∀`)σで目が覚めます。これホント!
↓             ↓
にほんブログ村 住まいブログへ 
 
ありがとうございました♪


ナチュラルスタイルインテリアのランキングはこちら

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ


    


アップロードファイルブログ村 住まいブログ集へGO!アップロードファイル

↓押したらお礼画像が出ます。 コメもお気軽に♪
関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。