TOPスポンサー広告ダイニングの照明選びの注意点

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPお家の失敗点ダイニングの照明選びの注意点

ダイニングの照明選びの注意点
4月10日の記事「シャンデリア2つ」でチラリと触れたように
ダイニングのシャンデリア、見た目は大変気に入っているのですが、失敗したな~…と思っています。


  ブログ村人気ランキング 

 
うちは、1階のどの場所にいても目立つ存在になるであろうダイニングの照明は、
納得のいくデザインのものを使いたくて、海外製品を施主支給しました。


ダイニングのキチュラー4灯シャンデリア
2009041003.jpg


このシャンデリア。ご覧になってお判りかとおもいますがデザイン性重視で選んでいます。

一般的に、部屋の広さに対してどのくらいのワット数が必要かというと
部屋の広さに対して蛍光灯だと1畳10W、白熱灯は1畳50W弱で計算します。
(これはあくまでもザクっとした目安。部屋の形状・天井の高さ、使い勝手によって変わります)

で、このシャンデリアは40W×4灯。
約5畳程度のダイニングには…ちょっと足りないんですけど
すぐ横のカウンターにペンダントあるし若干薄暗くても大丈夫と思ってたんですけど…


全然ダメ。失敗でした。

このシャンデリアは食卓には不向きでした。
ちょっと薄暗いなんてレベルじゃないの。暗過ぎるんです!!
ゴハンがちゃんと見えないからー。食べた気しないからー。あっはっは~     はー…(-公-、)


では、このシャンデリアの何がいけないのか。


まず、シェードがあること。
シェードが電球を覆っているので明るさが若干落ちます。


そして一番決定的なNGポイント。配光の向きがイカン。
↓我が家のシャンデリアはご覧のとおり上を照らしてるよ! ゴハン照らしてや!!!

2009041601.jpg







 テーブルを照らしてほしいのに、
 うちのシャンデリアったら
 天井を照らしています




上向きの配向パターンは間接配光といって光を天井や壁面に当て反射光で部屋を照らし、
落ち着いた雰囲気を演出するのに適しています。
シャンデリアは完全に上だけを照らしているものではありませんけど、
直接配光に比べて同じワット数でも明るさがかなり劣ります。

ね?ココ注意してね!
ワット数では足りてても照明の形状や向きによって明るさはかなり違うからね?


よーし、まだまだ失敗点を挙げていきますよ。ついてきてねー(泣)


ペンダントタイプやシャンデリアの場合、テーブルから照明までの距離も大切です。
食卓にはテーブルの上70~90cmくらいの高さにライトがくるように設置するのが最適だそうですが
我が家のシャンデリアはテーブルの上120cmの位置にあります。(テーブル高75cm)

食卓を照らすには、位置が高すぎるね。
だからといってシャンデリアを食卓すれすれに下げるのは勿論オカシイわけで。
シャンデリアを選んだ以上バランス良い位置(やや高め)に下げなければ違和感あるんです。


そんなこんなで、NGポイントだらけのダイニングのシャンデリアは明るさが全然足りません。
なので、我が家では仕方なく、間接照明用のスポットライトを食卓に向け、
シャンデリアと両方点灯して食事しています。


最近は洋書スタイルが流行で食卓にシャンデリアを用いる方が増えていると聞きます。
我が家もその一例ですけど、残念ながら成功例にはなれなかった。
見た目にばかり気をとられてカタチから入るとこうなりますよ、っていう失敗例になりました(´ー`;)



この失敗をふまえて私がいいたいこと。


1.食卓をしっかり照らすなら、ペンダントタイプがお勧めです。↓こういうのね。





 
 ←これは
 北欧スタイルが好きな方にはすっかりおなじみ
 ルイスポールセン(Louis Poulsen) PH5





2.シャンデリアを使うのであれば、下向きに照らすものが○。





3.長方形のダイニングテーブルには複数のペンダントタイプがよい。

モダンスタイルの3連ペンダントは結構あるんだけど、ナチュラルスタイルのものは少ない。
そういう時は気に入った小振りなペンダントを複数下げればOK。





4.シャンデリアを使う場合は明るさを補うための照明も設置しよう(ダウン・スポット等)。




5.食卓でホットプレート・鍋をよく使うなら複雑な形状の器具、布・紙製のシェードは避ける
  (結構汚れるよ)



(;´Д`)ゼェェ…   こんなとこかな。。。


あ、それともう一つ。

食卓の明かりに適しているのは、食べ物を美味しく見せ空間に暖かい色が広がる白熱灯
蛍光灯は食べ物が青白く見えてしまうんだって。

消費電力や今後の白熱灯廃止の動きを考えると蛍光灯タイプをチョイスしたくなるのですが
美味しく見えないってのは頑張ってゴハン作ったシュフには悲しいものがありますよ。

電球型蛍光灯というものもあるにはあるんですが、今の段階では、
白熱灯の灯りを忠実に再現するには至っていません。
しかも、メーカーによって色の出方が全然違う。これはニブっちい私でも感じますw

これについての面白いサイトを見つけましたので、一度ご覧になってみてください。
各社メーカーの電球型蛍光灯を使い、食べ物の色がどのように見えるかを検証しています。

【特集:電球形蛍光灯】[第5回]食事が最もおいしく見えるのは?   --- 家電Watchより ---

蛍光灯タイプの食卓照明をお使いの皆さん、
蛍光灯が切れて買い替える時には参考になさってみてくださいねー



白熱灯専用の器具でも電球型蛍光灯は使えますので
(電球型蛍光灯がおさまる径を持つシェードの照明器具に限ります)
私は、白熱灯タイプの照明を使いつつ今後の電球型蛍光灯の進歩を待つ方向でいます(笑)



はー。ダラダラ書いちゃった。判りにくかっただろうな(;´Д`)ゞスミマセン
今日はもう推敲する元気ないから、とりあえずアップして後日ぼちぼち直していくよ。
(てか直してからアップすればいいんじゃ・・・・)


そんなわけで、施主支給品探しに悪戦苦闘していらっしゃる皆様!
どうぞ私を踏み台にしてっ    健闘を祈ります!



ランキング参加中*あなたのポチ(σ´∀`)σで更新の頻度がUPします(これ本当
右端の人気ブログランキングに新たにマイホームカテゴリが出来ました
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 人気ブログランキングへ
ありがとうございました





↓拍手機能つけてみました。押したらお礼画像が出るよ コメもお気軽に♪
関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。