TOPスポンサー広告キッチンのワークトライアングル

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP造作キッチンキッチンのワークトライアングル

キッチンのワークトライアングル
シンク(水栓まわり)・加熱調理機器(レンジ)・冷蔵庫の3つの位置を結ぶ動線が
一辺1.2~1.8m程度の三角形になる―。
これがワークトライアングルといって、動きやすいキッチンの条件の1つだそうです。
ブログ村人気ランキング

ワークトライアングルはキッチンプランによって変化します。

worktriangle.jpg


うちのキッチンレイアウトはⅡ型だから…。
この図とは冷蔵庫の位置が違うな~(違っても問題ナッスィン)


えーっと。うちのキッチンの平面図は…

kitchentriangle.jpg


これが、色々悩んで配置決めをした我が家のキッチンのレイアウトです。

食洗機の向かい側に食器棚を配置し、食洗機からすぐに食器をしまえるようにしました。

・冷蔵庫から出した食材をどこに置くか。コレ悩みました。
 本当は冷蔵庫の真横か、正面に作業台・配膳台があればベストだったのだけれど
 スペースの都合上無理だった(u_u、)
 仕方ないので斜め前の食洗機上の作業台に食材を置きます。

・私は右利きなのでシンクの左側でまな板を置き食材を切ります
 (食材の切れ端をシンクに落とせる)。

・安全面からシンク(水)の真後ろに加熱調理機器を置かない方がよいらしいので
 斜め後ろにIHを。ワンステップで動ける距離です。


三角形の三辺の総和が3.6m以上6.0m以下が理想と知り
うちのキッチンが作業効率のよいレイアウトになっているかを確かめるべく
現場でワークトライアングルの三辺の長さを計測してきました。

 
理想的な辺の長さ
我が家のキッチン
シンク~加熱調理機器120~180cm110cm
加熱調理機器~冷蔵庫120~270cm250cm
冷蔵庫~シンク120~210cm190cm
三辺の総和360~600cm550cm

使い勝手のよい範囲内のギリですが、何とか収まっていてホッとしました。

ワークトライアングルは、加熱調理機器、シンク、冷蔵庫の配置ですが
食器棚の位置も大切ですよね~。
うちはシンクから振り向いて斜めに一歩で食器棚に届くように配置しました。

「うちはI型だからトライアングルなんて出来ないんじゃ~ヽ(`Д´)ノ ゥワァァ~ン」
という方、まあ落ち着いてください。
I 型の場合、動線は一本の線上を行き来することになりますが、
270cmが最適な長さで、360cmを超えると使いにくくなるという事です。

皆さんのおうちの△、どうなってますでしょうか?




「読んだよ」のクリックをして頂くと、次の更新の糧になります^^
右端の人気ブログランキングに新たにマイホームカテゴリが出来ました
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 人気ブログランキングへ
ありがとうございました。




アップロードファイルにほんブログ村 住まい・一戸建てブログ人気ランキングへGO!アップロードファイル

関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。