TOPスポンサー広告塗料が希望と違います~(涙)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP内装塗料が希望と違います~(涙)

塗料が希望と違います~(涙)
先日、梁が着色されましたが、この塗料、いわゆるフツーの油性系塗料(ペンキ)です。
見た目はアンティークパインにも似た色味で可愛らしく仕上げて頂いたのですが…
シンナーのにおいがすごいのです。 壁|ヽ(_ _|||)))) ムグ…

今はこの家は、玄関ドアのついていない(まだ付いていない!)状態で
スッカスカに通気が良いのですが
1ヶ月後の完成までにニオイが抜け切るのでしょうか・・・?ブログ村人気ランキング


我が家は、要望書の段階から自然塗料を使って欲しいと希望していました。

ところが塗装工事が始まってみると、現場には希望に添った塗料は用意されておらず
油性系塗料のシンナー臭が立ち込めていました。
不安を感じて工務店に聞いてみると、全ての木部はこのペンキで仕上げる方向で
工事が進んでいるとの事。

えー?(TДTli) そんなぁ・・
疑いもせず自然塗料を用意してくれるものだと思い込んでいました。


我が家は高気密・高断熱仕様、しかもその締め切った家の
壁内から居室内を空気が循環するシステムを導入しています。

油性塗料を使った場合、気密性の高いこの空間で
ニオイが抜けきらないまま何ヶ月も過ごさなくてはならないのでしょうか。

2008012101.jpg

↑この梁だけでも頭が痛くなるようなニオイなのに(涙)

私が塗料について異議を唱えるのが遅かったら
ドアや幅木や窓台、全ての木部をペンキで塗ってしまうところでした。

うちの工務店は、施主に、部材や建材や塗料等の仕様、製品名を記した書類は渡しません。
聞かなければ細かい説明も特になかったりします。
(うちの柱は何の木で、何寸なの?というようなコトも聞いて教えて貰いました)
工務店ならたいがいそういうものなのだと思っていました。


注文住宅なので間取りは私達の要望をそのまま活かしてくれますが
建材に関しては工務店の標準品(?)があるようで
特別な注文を入れなければ、工務店が今まで使ってきたもので作っていきます。

今回の塗装工事も、今までの工務店のやり方に従って進んでいったのでしょう。


私達が「体に優しい健康住宅を」とテーマを伝え
要望書の段階から自然塗料を希望していたけれど、
具体的に銘柄や製品を指定しなかった私にも責任はあります。
「やってくれるだろう」という思い込みがありました。
見積りを貰った時点でキチンと確認しておくべきだったのよね。失敗、失敗。

まあ、済んじゃったことはもう仕方ないので(梁だけでヨカッタ)
ここからの木部の塗装は自然系塗料で、とお願いしましたがなかなか話が進展せず…。


で、現在の状況はですね。

ホームセンターの在庫処分品(70%OFF!でも色の種類が激少!)で
自然塗料を調達し塗装屋さんに渡すという事になりました・・・

調達は設計士さんにお任せしています。
希望の色は買えたのでしょうか?気になります!





ランキングに参加しています
明日の更新の糧、応援クリックいつもありがとうございます!
↓               ↓  
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ






アップロードファイルにほんブログ村 住まい・一戸建てブログ人気ランキングへGO!アップロードファイル


関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。