TOPスポンサー広告タイル床、冒険せず決定。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP内装タイル床、冒険せず決定。

タイル床、冒険せず決定。
お正月休みの間に、玄関まわり・キッチン→洗面脱衣室に使う床材のタイルを決めました。

ナチュラルフレンチスタイルにはアンティークタイルやテラコッタタイルがお決まりのスタイルでしょうが
既に予算を大幅にオーバーしている我が家にそこまでこだわる余力は残っていません(号泣)

そこで、テラコッタタイルよりお手入れが楽で安価なセラミックタイルを使うことにしました。ブログ村人気ランキング


自然光の下で見たかったのでサンプルを現場に持ち込んでみました。


カタログから選んだ10枚のサンプルの中から更に絞り込み
最終選考に残った精鋭タイルが この3枚↓

2008011103.jpg



 玄関のたたきに並べています




3枚ともタイルや石材の輸入販売会社(株)オオムラのものです。


2008011105.jpg



 この日は小雨がぱらつく暗い空
 タイルの色もくすんで見えています



玄関タイルは、「ノンスリップ」と記載された中から選んでいます。
濡れた靴底で滑っては大変ですものね・・

玄関1のほうは鮫肌のようにザラザラしていてひっかかりを感じます。
ストッキングで歩いたら、毛羽立っちゃうんじゃないかってくらいです。

玄関2のほうはツルツルした手触りですが石の表面のような凹凸があります。

最初に気に入ったのは、テラコッタ風の赤茶色のタイル(玄関1)でしたが
ナチュラルフレンチスタイルに、ここまで赤味の強いタイルは派手かなという気がしたので
ベージュ系(玄関2)に決めました。

南欧風のおうちなら、素朴な赤土色のタイル(玄関1)が合うんだろうな~。

こちらは、玄関外・内、シュークローク内に使います。



また、キッチン周辺は装飾性の高いアイテムが集まっているので
うるさくならないように主張の少ないタイルを選んでみました。

2008011104.jpg


 比較のため玄関2と並べています




ザラザラとひっかかりのあるタイルはお掃除しにくいだろうという事で
キッチン用タイルもツルツルを選びました。


以上、悩みに悩んだ結果、冒険のない地味~な選択に落ち着きました。


というかね・・・色とりどりのサンプルに囲まれているうちに、目と頭が混乱しちゃって
結果一番目の休まる色に着地したってカンジです。


タイルはカタログで見るのと実物ではかなりイメージが違います。
モノによっては、モロ印刷って判っちゃうものもあります。近くで見るとドットがいっぱーい…

皆さんもタイルを決める時は、サンプルをたくさん取り寄せて
触る、はだしで歩く、頬擦りする、日の光にあてる、ゴミを散らす、
水を垂らしてみる、ニオイをかぐ(←コレはあまり意味なかった)・・・など
いじくり倒してから決めてくださいね。

サンプルで頂いた10枚のタイル、いずれ何かに活用してみよう・・・(何にだ?!)





ランキングに参加しています
明日の更新の糧、応援クリックいつもありがとうございます!
  ↓           ↓  
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ



アップロードファイルにほんブログ村 住まい・一戸建てブログ人気ランキングへGO!アップロードファイル

関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。