TOPスポンサー広告ボケ防止の日課

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP日々のことボケ防止の日課

ボケ防止の日課
加齢とともに壊れていく脳細胞、とくに前頭葉の脳細胞の減少が早いらしい。
前頭葉は体のを動かす司令塔の役目をしていて中でも手指への指令をつかさどる神経が
密集している部分とのこと。

最近の自分の物忘れの激しさに怖れを抱いていた私
昔ちょっとだけ習っていたピアノをボケ防止に活用しようと思い
埃をかぶった楽譜を引っ張り出し、毎日1時間ほど弾いています。

しかし数十年ブランクがあると、譜面もパッと読めないし
当然、昔弾けた曲も全然弾けないわけで。
寒くもないのにかじかんだみたいに指はもつれ、
無理な力を加えるせいで痙攣するし肩こるし。終わっとるねw

けど、少しずつ少しずつ。指を動かすことに意味があるのだと自分に言い聞かせ
子どもの練習曲みたいなものを、ゆっくり弾いています。


今やっているのは、モーツァルトの「きらきら星変奏曲 K.265」

この旋律は現在はきらきら星として知られていますが、もとは
1770年頃にフランスで流行した歌曲「ああ、お母さん聞いて」という曲。
モーツァルトが教え子のために12の変奏曲にした…のでしたっけ?
簡単そうに聴こえますが、教育目的で作られただけあって
比較的、技巧を必要とする曲だと思う。
けど上手な子なら小学生でも弾いちゃってたりしますよ。
自分は小学6年の時に習い途中で挫折したハズ。12番弾いた記憶ないよ。

ゆっくりなら私レベルでも何とか探り探り弾けるのですが
のだめのように白目で高速で弾き切った時に訪れる絶頂感ってんでしょうか、
そういうのを味わってみたくなる変奏曲でもあります。
45歳までに淀みなく全て弾けるよう頑張ります。

現在VAR.Xを主題のテンポで弾けるよう練習中だが
↓の4:58から5:25あたり
Mozart: 12 Variations "Ah, vous dirai-je, maman" KV 265 (Clara Haskil)

↑譜面ついてるからupしたけどこの動画は私にはテンポ早すぎ


↓この方くらい丁寧に弾くのが理想(VAR.Xは6:40~7:12)



のだめのきらきら星変奏曲


音源(MP3ファイル)を無料ダウンロードできるサイトありました。
きらきら星変奏曲

さてと。今日もヴォケ防止トレーニングしてくるね。


↓お帰り前にバナーをポチっと♪あなたの応援が更新の励みになっています
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 人気ブログランキングへ
いつもありがとう
関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。