TOPスポンサー広告逃げの回答からの

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP子らのこと逃げの回答からの

逃げの回答からの
下の子アール(6歳男子)は生き物が好きだ。
とりわけ最近は海の生物が好きで、図鑑や絵本を見て想像を膨らませ
スケッチブックに海中生物ワールドを描いたりして楽しんでいる。

サメやエイ、くじら、貝、ウミウシ、ウツボ、カニ
表情豊かに描かれたアールの海物語の登場キャラクター。

その中に、2匹のカニが重なるようにくっついている絵があった。
去年の夏に行った海で見た光景を思い出して描いたものだそう。

2匹のカニが体をぴったり重ねて、ハサミもがっちり合わせて
ダンスしてるみたいだったんだよー


ほほぅ。体をぴったり重ねて…。

あれ何してたんだろうね?

その現場を目撃していないので本当のところはよくわからないけど、話の様子から
カニたちは生命を受け継ぐ神聖な儀式の最中だったのだろうかと勝手に想像した。

「あれ何してたんだろうね?」の答えを
質問を投げられた後の1、2秒間で高速で考える。

地球上に生きとし生けるもの全ての、生命の神秘。
子孫を残すための厳かな営みというもの。
これを淡々と且つ判りやすく説明すればいいのです。わかってるよ。なーによ。
けどさ。なんというか、ごめんね。いやらしいんですが、もし万が一、
そこから話が発展して
「じゃあヒトはどうやって赤ちゃん作るの」的な質問をされたらと
考えてしまう私ってアホなんでしょうけど

えーっと、ヒトはね、カニのように卵は生まなくてお腹の中に赤ちゃんができます。
その赤ちゃんはどうやってできるかというと・・・

いうと・・・

まままって。
1秒2秒でそんな繊細な質問の答えは浮かばない。
今日は準備不足。質疑応答NGです、無理です。

ということで逃げの回答をしてしまう。


カニは体を重ねて何してたんだろうね。そうね、多分
ケンカかな?

アールは納得するのだろうか。ヒヤヒヤしながら反応を待つ。

私の返答を聞いたアールは、静かにうなずいて同意した。

そうだね。

ホッ…。いや本当はホッとしてる場合じゃないけど。
今度、生物の生命を受け継ぐ営みについて、きちんと説明しよう。
上手な説明の仕方を検索して、とーーー

とか横でアレコレ考えてたら、アールの口から続けて出てきた言葉

そうだね。ケンカか、それか交尾かな

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ
高速で悩んだ1、2秒の無意味さww

そうか。
図鑑やら何やら見まくってれば知ってて当然か。
失礼したよ。

とりあえず今回はヒトはどうやって云々まで話が発展しなかった。
ベストアンサー勉強しておきます。

って実はもう知ってたりして。
ちなみに上の子アイ(小4女子)はお察しみたいですよ。
保健の授業ってどこまで習うんだっけ。


↓ガーデニングなんてかすりもしてないけど(泣)
お帰り前にバナーをポチっと♪あなたの応援が更新の励みになっています
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 人気ブログランキングへ
いつもありがとう
関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。