TOPスポンサー広告お正月向けにギョリュウバイの単鉢

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP宿根草お正月向けにギョリュウバイの単鉢

お正月向けにギョリュウバイの単鉢
花の少ない冬の間、玄関で愛でようと買ったのがコチラ、
ギョリュウバイ。別名ティーツリー。
鉢を含め55センチの高さあり。


2011121501.jpg

(;・∀・)わぁー 写真の色が悪い
ほんとはもっと濃い色の葉っぱなの。


2012121502.jpg

そそ。この色、この色。
黒っぽい葉に深紅の花の組み合わせがシックでお気に入り。


   


ギョリュウバイ(御柳梅)

フトモモ科ネズモドキ属(レプトスペルマム属)
学名:Leptospermum scoparium
英名:Tea tree(ティーツリー)(ニュージーランドへの移住者たちが、お茶の葉の代用とした。
別名:レプトスペルマム、ネズモドキ 松紅梅
原産地:オーストラリア・ニュージーランド
性状 常緑低木(耐寒性)乾燥、高温にやや弱い。日当たり水はけを好む。
花期:春咲き種(矮性・鉢植え)2~5月。秋咲き種
花色:赤、桃、白(一重、八重種)


うちのは八重咲の品種だね。スタンダード仕立てのも売ってた。

購入した店先に寄せ植えにアレンジされた見本があったのだけど
ネットで寄せ植えが難しいという話をチラホラ見かけて。
水切れしやすいんだって。
確かにビニールポットから出すと、細いヒゲ根が絡まってギッチギチだった。
こりゃ乾燥しやすそう。土ともなじみにくそう。こわ。

ってことでうちは冒険せず単鉢に植えたよ。

今はまだ軒下でもいいけど
雪のひどくなった凍える日には玄関内や室内に取り込みたいので
ブリキのポットは足付き穴なしのものにして
プラ鉢に植えたギョリュウバイをストンと入れている。


このギョリュウバイに今日
灰色のちっちゃなシャクトリムシがついててビックリ。
虫、まだいるんだ…
この寒い季節に頑張るね。
しかし悪いけど、鉢植えのギョリュウバイは困るー。

手のひらに載せられたシャクトリムシは
枝のふり(擬態)をやめてウネウネと動き出した。
そのまま外の庭に連れていき、軒下のマロウの葉に下ろす。
ここのは好きなだけ食べていい。生きろシャクトリムシ。


応援クリックが私の燃料です!
↓の「うさぎ」「ステンドグラス」バナーを(σ´∀`)σポチッとして頂けると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
いつもありがとう
関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。