TOPスポンサー広告「メルヘンの木」と呼ばれている。誰に。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP庭雑記「メルヘンの木」と呼ばれている。誰に。

「メルヘンの木」と呼ばれている。誰に。
リビングの飾り棚に
ソフォラ‘リトルベイビー’というちっちゃな植木を置きました。

2011120901.jpg

↑は高さ20cmくらい?(鉢含まず)
マメ科の常緑低木です。ちっこいけどこれでも「木」なの。
「メルヘンの木」なんて名前でも売られてるらしい。


ボンサイっぽく仕立ててもオツだし
シュライヒの動物と一緒にディスプレイしてもいいよねえ。
あぁ妄想って楽しいね。


2011121201.jpg


おお、マメ科らしい葉っぱだねえ。


  


ところでなぜメルヘン。
メルヘンの国ドイツにちなんでるわけじゃないみたいだし
単純に葉っぱがカワイイから?
ミニチュアの世界だからかしらね?
別にいいんだけど、こういう流通名?俗称?って
誰が最初に言い出すんだろうと思って。
まぁ恐らく、売る側だよね。生産者とかね。
「金のなる木」と同じで、大衆向けの判りやすいフレーズをチョイスするんだね。
じゃあ、言ったもん勝ちだ。
「お、「メルヘンの木」まだ使われてないや。いただき!」って。

そういや前に記事にした「グロブラリア・ブルーアイ」ってアフリカ原産の青い花も
「目玉のおやじ」なんて通称が付けられてた。→過去記事
あんなに綺麗な花に「アイ(=目)」の連想だけで
覚えやすいからと「目玉のおやじ」を通称に選んじゃった。客層どこ。
どう受け止めるのが正解なのか


2011121301.jpg

笑えばいいと思うよ


って笑うほどのパンチもないし、
初めて見た時は、脳内いっぱい「?」「?」が浮かんだ。


私なら、タグに「目玉のおやじ」って書いて売られているより
「ブルーアイ」のままの方が買いたくなるのにーって

まぁ人それぞれか。←便利な言葉w



さて今夜は職場の忘年会。
次の日仕事なのに、平日なのに、泊まりの忘年会。
気合入り過ぎワロタ



応援クリックが私の燃料です!
↓の「うさぎ」「ステンドグラス」バナーを(σ´∀`)σポチッとして頂けると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
いつもありがとう
関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。