TOPスポンサー広告緑のカーテンに秘密の液体。驚きの変化。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP庭雑記緑のカーテンに秘密の液体。驚きの変化。

緑のカーテンに秘密の液体。驚きの変化。
先日。
仲良くして頂いている裏のお宅のおじいさんに緑のカーテンが不調であることを話しました。
おじいさんは我が家のゴーヤの様子を観察した後、
「それでは私がゴーヤに秘密のカンフル剤をあげましょう」と仰ると
自宅からなみなみと液体を入れたジョウロを持って戻ってこられました。
そしてゴーヤのプランターにジョウロの液体をたっぷりと注ぐと
「2日もすれば調子良くなりますよ」
と、余裕の表情で仰りました。

へ?本当に?ちょ…
そっそそその秘密のカンフル剤の正体は一体何なのですか?!

「(`・ω・´)秘密です」

「なっ?!HB-101ですか?!」

「違います」

「万田酵素ですか?!」

「違います」

「・・・な、何なんですか?!」

「(`・ω・´)秘密です」

結構かたくなww


私はおじいさんの秘密の液体の正体を暴くことを諦めると、
お礼を告げ急いで家でネット検索しました。

で。
おじいさんの仰る特徴から尿素かな…と。あっさり。割と普通。
(なぜ秘密にしたのか?)

【尿素の特徴】
・施しても、すぐには土壌に吸着されない。
 施用後2日ほどで炭酸アンモニアに変わり、土壌に吸着されやすくなる。
・水に溶けやすく中性であるため、土壌を酸性化することがない。
・液肥の葉面散布も可能。根が弱っている時には葉面散布で。
・吸収性が高い(過剰施肥に注意)

 


さてさて、おじいさんの予言した「2日後」。ゴーヤに明らかな変化が…

(屮゚Д゚)屮 なんじゃこりゃあぁ!

薄緑色でシワっと縮れ気味だったゴーヤの葉が、
活力のある緑色に変化し、葉も広がっています。
ツルも数日前より元気。凄い、凄いよ。

撮影の時間帯が違うので比較しにくいのですが…

Before 7月24日
2011072902.jpg


After 7月29日
2011072901.jpg


ってことは結局、肥料不足だったってこと?チッ素不足?
追肥してたのに、足らなかったのでしょうか。そうだったのかぁ~


そして今日、裏のお宅のおじいさんに
「ゴーヤが元気になりました。ありがとうございます!」と報告しました。
おじいさんは満面の笑顔で
「そうでしょう。私のカンフル剤が効いたのですね。」
と頷いていらっしゃいました。

私は最後にもう一度

「カンフル剤の正体は一体何なのですか?!」

と尋ねました。

「(`・ω・´)秘密です」

「くっ・・・尿素ですか?」

「(`・ω・´)そうです」

ここは秘密で押さないんだwwまさかのあっさりお返事。

とりあえず助かりました!おじいさん、本当にありがとうございます。


というわけで、我が家のゴーヤは「チッ素系肥料不足」ということらしかったのですが
調子の悪いゴーヤ全てで同じ結果が出るとは限りません。
施肥の参考程度にして頂ければ幸いです。


応援クリックがブログ継続の励みになっています
↓の「うさぎ」「ステンドグラス」バナーを(σ´∀`)σポチッとして頂けると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
いつもありがとう
関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。