TOPスポンサー広告ミモザ枯死*後半~一縷の望み

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPシンボルツリーミモザ枯死*後半~一縷の望み

ミモザ枯死*後半~一縷の望み
前記事の続きです。

冬の厳しい寒さに耐えきれず枯れてしまったミモザ。

2011062003.jpg

ミモザといえば、持ち主の手を焼かせるほどの成長を見せる樹木ですが…
今は見る影もありません。

枯れ木のミモザを芝生の真ん中に残したまま未練たらしく2ヶ月経ちましたが
このままじゃ見栄えが悪いばかりかシロアリ的な虫もつきそうだし、
よくわからんけど何となく家運も下がりそう。処分せんといかんよね。

…けど鬼のような生命力を持つミモザのことだから掟破りの復活もありえるかも?

とかなんとか処分を先延ばししていたとき、
市内で同じくミモザを地植えされている女性と話す機会がありました。

その方のミモザも今冬の厳しい寒さに耐えきれずカリッカリに枯れてしまい、
4月に伐採されてしまったそうです。
「このミモザなんですよ」と伐採後の切り株まで案内していただきながら
枯死の状況をお互い話しながら、ミモザの切り株に目をやったその時。

「あれ?これってもしかして・・・ひこばえ?」

2011062101.jpg

ひこばえとは:
伐った木の切り株などの根元から新たに生える芽。
眠っていた芽(休眠芽)が起き出したもの。


(i|!゚艸゚;)生きてたのね・・!

枯れた樹木を切り落としたことでダメージの少なかった根への負担が減り
新たな芽が出たらしいです。
これがミモザの底力か。すごいわぁ。


ただ我が家のミモザは枯れ果ててから3ヶ月も放置してしまったため
もしかして根っこまで完全に終わってるかもしれません。

けど一縷の望みに賭けて!

切っちゃった
2011062004.jpg


あぁ…中芯まで茶色(水分無し)だわ(´・ω・`)
無理ぽ…いやいや、一縷の望みに賭けるってば。ポジティブに。


↓癒合剤も塗っといた
2011062005.jpg


答えは「この夏いっぱい」で出ると思われます。
答え合わせは、秋あたり。
ひこばえが出なかったら、今度こそ、根っこを掘り起こして、
別の木を植えるか一面芝生にするか、考えよう。


頑張れミモザ。


応援クリックがブログ継続の励みになっています
↓の「うさぎ」「ステンドグラス」バナーを(σ´∀`)σポチッとして頂けると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
いつもありがとう

関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。