TOPスポンサー広告フードプロセッサーとコンセントの位置

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPキッチンフードプロセッサーとコンセントの位置

フードプロセッサーとコンセントの位置
コンパクトなフードプロセッサーは、利用する時に出したり片付けたりできますが
ちょっとデカめのフープロの場合、重量もそこそこあるから出し入れが大変なので
常設(出しっ放し)が基本だと勝手に思い込んで購入したのですが
皆さんのお宅ではどうしていらっしゃるか?
まぁ私の場合、料理の効率化とかそういうことより
「買ったからには意地でも毎日使ってやる」といった執念から常設してる感もあるし
ご家庭によって使用頻度違うもんね。出しっ放しに抵抗ある方が多いかな。
そうかいそうかい。でもあたしは意地でも毎日使うんだっ(とりあえず4月は)


パワーのあるフードプロセッサーを購入(→過去記事)した我が家の場合、
建築時に「いつかここにフープロ置くつもり」のコンセントを設置しておきました。


2011042103.jpg


で、実際置いてみた感じは


2011042101.jpg

もう少しカウンター寄りに設置した方が見栄えがよかった…という点を除けば概ね満足。
野菜をまな板で軽く刻んでそのままポンポンとフープロへ投入できる配置です。
また、振り向けばすぐ背後がIHクッキングヒーターなので

野菜をざくっと刻む→フープロ→背後の鍋に投入→
ワークボールと部品をシンクで洗う→洗ったボールを拭いてフープロに戻す

と、無駄な動線なく一連の作業を行えるズボラな奥様向けキッチンとなっております。


応援クリックがブログ継続の励みになっています
↓の「うさぎ」「ステンドグラス」バナーを(σ´∀`)σポチッとして頂けると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
いつもありがとう

関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。