TOPスポンサー広告微妙なお年頃の少女とパジャマのはなし

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP子らのこと微妙なお年頃の少女とパジャマのはなし

微妙なお年頃の少女とパジャマのはなし
こんど小学4年生になるアイは最近「可愛い系の洋服は“かわいこぶってる”みたいに見られるからイヤ」と言うようになりました。
装飾のついた服や花柄を着なくなりスカートもすっかり履かなくなりました。
ヘアアクセサリーはごくシンプルだし、靴もバッグもスポーティーなものを好んで選びます。

女の子って、思春期の前段階に入って異性や同性の目を意識するようになると、
意識しすぎて逆に「女の子らしいものを否定する」時期があるもんなんでしょうか。

思えば私も小学4~5年の頃は男勝りで言葉遣いも悪くなったし
ボーイッシュなファッションを好んで、スカートは全然履かなかった…。

最近のアイの様子を見て「“お年頃”になったんだなぁ」と思うと同時に
かわいいハンドメイドを喜んでくれた子ども時代の終わりも感じて
少々寂しくなっていました(滅多に作らないくせに)。


そんなこともあり、創作意欲が前以上に無くなってしまった私。

昨日も、アイ用に超シンプルなパジャマを作っていましたが
面白くも何ともない作業に、集中力が持続せず。
時々作業を中断して、過去アイ用に買い集めた可愛くて子どもらしい副資材を
パジャマ用の布の上に並べたりしてました。

そして(使い道なくなっちゃったな…)なんておセンチになったり、
(オークション出したら幾らで落札されるだろ)といじましい皮算用をしたりと
あれこれ忙しく思いをめぐらしていたところに、アイがやって来て言いました。

「わぁカワイイ! これ、つけてくれるの?」

え (゚∀゚ ) だってあんたかわいこぶったのはイヤって…

私が並べていたアップリケやブレードは、ややもすれば子どもっぽく見える甘いモチーフばかり。
けどアイはそれらを目をキラキラさせ嬉しそうに見ていました。


そっか。なるほど…

普段はシンプルなファッションでいるけれど
可愛いものへの憧れが消えちゃったわけじゃないんだ。

他人の目に触れる事のないパジャマを身につける時くらいは
無邪気な女の子に戻りたいのかな。

うん、かわいいパジャマで眠りにつきたい気持ち…
オバサンになった私でも何となくわかるなー
へへっ自分のも作っちゃおうかな、やっぱやめた。

というわけで、デコレーションありのパジャマに路線変更となったため
完成までもうちょっと時間がかかりそうです。

そして数時間後…、

かわいいパジャマを楽しみにするあまり、飾りを手縫いで付ける私に
「どこまで縫えた?」「今日着て寝れる?」「まだァ?」「も~、何時に終わるの?」
と5分おきにチェックに来るアイにキレて
「(#゚Д゚)うっさい!集中できんじゃろが!」とヒステリーを起こしながら
もう誰のために何のために始めたんだか ワケわかんなくなってる凡でしたとさ。


ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
いつもありがとう
関連記事

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。