TOPグランドカバー&芝

このカテゴリーの記事


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キレイで美味しいグランドカバー、ワイルドストロベリーが欲しい
んー、春ですね。
外はまだ寒いのですけれど、雪がとけて荒れ放題のお庭が見え始めると
気が焦りますわね、ガーデナーの奥様。

クロッカスが咲き始めました
2011030801.jpg


けど富山は3月の終わりまで突然雪が降ったりすることがありますし
地面はまだじゅくじゅくと湿っているし、なので今の時期は、
妄想を膨らませながら今期に植えたい植物のリストを作って過します。

あー楽しい。もしかしたら今が一番楽しいんじゃないかな。
だって妄想の世界には害虫がいないんだもの。


私はこの春、キレイで美味しいグランドカバーワイルドストロベリー
その中でもゴールデンアレキサンドリアという品種を買おうと思っています。

↓丸い実の苗はこちら
 

↓細長い実の苗はこちら



野いちごは小さな実が可愛いのですが、味はいまひとつ…という印象がありました。
けれどアレキサンドリア種は味も良いということで興味津々!

しかもゴールデンアレキサンドリアは、ライムイエローの葉が美しく
花壇や寄せ植えのリーフプランツとしての役目も果たすんです。
一石二鳥ですわよ!奥さま。

弱点は、ライムイエローの葉にアブラムシがつきやすいこと。
アブラムシは黄色に強く誘引される習性を持っていますからねぇ。
害虫を駆除しなきゃならない…、これマイナスポイントですね。
一石二鳥からこのマイナスポイントを差し引いたら、結果「一石一鳥」になりましたが
細かいことは気にしない。

農薬を撒きたくない植物のアブラムシは、

1.牛乳を散布する(気門が塞がれ窒息死する)
2.木酢液を散布する(酸に弱い)
3.木酢液+唐辛子を散布する(酸に弱い&辛死)
3.石鹸水を散布する(気門が塞がれ窒息死する)
4.アルミホイルを株元に敷く(キラキラした光を嫌う)

等で忌避できます。あきらめないで!(by真矢みき)


この品種はランナーが出ません(だから寄せ植えにも使える)から
めちゃくちゃ蔓延るということはありませんので、実の数もそれ相応です。
だから「いっぱい摘んで、野いちごジャムを作りたいな♡」とかなんとか
ほっこりぶった野望を持ってはだめ。
ワイルドストロベリーは普通のいちごより香りが高いから、
普通のいちごジャムに少々混ぜてやるとワンランク上のジャムが出来るんですって。
だから、いちごジャムにちょこっと加える分の実りがあればじゅうぶん。
あ、子ども達が遊びながら摘んで食べる分も欲しいな。
そうそう、おなかを空かせた小鳥さんの分も残しておかなくちゃ♡

なんてうそー。カワイイこと言いたかっただけー。

ほんとは鳥に狙われたら(ΦωΦ)シャーーーッ!!って追い払うー。


3月はblog毎日更新月間!応援クリックがブログ継続の励みになっています
↓の「うさぎ」「ステンドグラス」バナーを(σ´∀`)σポチッとして頂けると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
いつもありがとう
スポンサーサイト

高速絨毯・ヒメイワダレソウ(リピア)は芝生がわりになるか
過日のチャット祭りでは、繰り返される「カンパイ!」の怒号と他愛も無い話で
ほとんどの時間が過ぎていきましたが、その中でほんの一瞬だけ、
元・家ブログらしい流れになったことがありました。

バリアフリーの話と、お庭の話…だったかなぁ(うろ覚え)


そこでね、お庭のグランドカバーの話になったときに、我がガーデニング師匠であります
tantanさんが「庭の芝生をはがして今はヒメイワダレソウに任せてる」といった話をされまして。
それに多数のチャット参加者が関心を示されたんですね。


手間いらず
みるみる増えて
花も咲き
雑草も負かす
姫岩垂草



と詠まれるように(詠み人:キルフェボン)、丈夫で育てやすい植物で、
おまけに小さな可愛い花も咲かせてくれることで緑化事業にもよく利用される
人気急上昇のグランドカバー、ヒメイワダレソウ(リピア)。

我が家でもカーポートのコンクリート部分に草目地として植えてます。
過去の記事はこちら→コンクリート目地に植えたグラウンドカバー

不稔(ふねん)性植物で種子によって増殖することはないので株分けで増やすのですが
この増え方が凄い。抜いてその辺にポイしたのも勝手に根付くくらいの繁殖力です。
高速絨毯とも呼ばれるとtantanさんに聞きましたが
その異名の由来はあとでうちの庭の一角を見て頂けば判るかも。


でね。話が前後しますが、
このたび、チャットに参加されていたブロガーさん(ぶっちゃけsuika**さんw)が
芝生ではなくヒメイワダレソウ一本でやったろかいなと燃えていらっしゃいましたので、
ヒメイワダレソウのグリーンカーペットのイメージを掴んで頂けたら…と
うちの庭の一部、びっしり蔓延った部分の写真を見ながらうだうだ書いてみます。

ブログ用に撮影しておりませんで、かなり小汚い状態で失礼します。
昨年の秋(2010.10.10)の状態です。
富山だと10月にはお花は終わっているのでグリーンカーペットのみで。

クリックで大きく見られます
2011021201.jpg


5月にランナー4~5本を挿したものが、10月でこの状態…
ひと夏でこんなにびっしり広がってます。
(砂地なので水持ちを良くするため挿す場所だけ腐葉土を入れました)

砂とガレキだらけの栄養のない地面で、憎きスギナだけが旺盛に生えてた場所でしたが
ヒメイワダレソウの勢いはスギナさえ育てなくしてしまう。
生えてもヒョロっとしたのが数本くらいで、除草の手間が格段に減りました。

ただ、雑草が生えないだけならありがたいのですが、
生やしておきたかったカモミールまで全て滅ぼしてしまいまして・゚・(ノД`)・゚・
その点、気を付けなくては。
花壇の中とか寄せ植えとかには向かないよ。強すぎる。

クリックで大きく見られます
2011021203.jpg


日当りの悪い苔むした花壇の一角までランナーを広げてきています。

右側に見える木の脚のようなものは洗濯物干しで、毎日洗濯物を干すたびに
ヒメイワダレソウの上を(花も含めて)がんがん歩いています。
よく踏む場所はさすがに葉の生育が悪く地面を這うような状態になりますが
踏圧(とうあつ)にはかなり強いです。


クリックで大きく見られます
2011021202.jpg


完全放置だと生えてほしくない所にまで蔓延っていくので
適宜抜いたりカットしたりしてやった方がよいです。
そうしないと踏み石がわりのレンガの上にもランナーを伸ばし覆い隠してしまうのです。

よく増えるというより増えすぎるため「整理する」というお世話が必要なグランドカバーですよ~。

現在は雪の下に埋もれていますが根っこはしっかり生きていて4月からモリモリ育ちます。
花は5月から7月が最盛期で夏の終わりまでぼちぼち咲き続けます(富山の場合)。

【追記】

植えどきは4~6月がベストかと思われます(秋でも大丈夫っす)。
苗はネットショップで通年入手できますが、冬の苗はちんまりしてて元気なく見えると思う。
(4月になればちゃんと新芽が育ってきますけどね)
気温が低くて日照時間が短い土地なら、春に元気な苗を買った方が生長が早いです。
ホント丈夫な草で水やりの世話もほとんどいらないくらいですが、
他の草花と同様、真夏の植え付けは避けた方がよいでしょう。
まぁこの子は真夏に植えてもノ―ダメージかもしれないけど…





こんなところかな~
どうでしょう、イメージ伝わりましたでしょうか。


応援クリックがブログ継続の励みになっています
↓のバナーを(σ´∀`)σポチポチッとして頂けると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
いつもありがとう

芝の冬支度
朝晩の冷え込みが「冬はもうすぐそこまで来てるよ」といってます。
なーんか焦っちゃいますねぇ。

さて、我が家の狭い芝生スペースがここ1ヶ月で茶色く枯れ進んできたので
気持ちよく休眠状態に入ってもらうために冬の前の最後のお手入れをしました。

うちは高麗芝なので冬場は茶色く枯れて休眠状態になります。
春にすくすく綺麗な芝が伸びるよう、完全に枯れてしまう今の時期に
芝刈り、サッチング、施肥、目土入れをしておくことにしました。

まずは芝刈りで、芝生の際部分を軸刈りにしちゃう失敗。ちょっと心配です。
(軸刈りとは生長点より下を刈ってしまうこと)

次にサッチング。サッチ(刈り草や枯れた葉が堆積したゴミ)を取り除くことで
通気性をよくしたり菌の繁殖を防いだりします。
熊手やレーキを使ってやればいいのですが、うちの芝生ゾーンは狭いので
子どもの砂遊びに使うような小さい熊手でやってますw

そして、施肥と目土入れ。
もう枯れてきちゃってる今、肥料をあげてもほとんど意味ないかもしれませんが
休眠前の根っこにちょっとごはん与えるくらいの気休め程度で。
春になったらちゃんと肥料をあげます。
目土入れも春に再度やりますが今とりあえずスカスカしてるところに足しました。

何となく私の場合、花苗にやる冬支度(寒肥やマルチング)と芝の手入れが
ごちゃごちゃに混ざってる気がします。まぁいいや。テキトーテキトー

2010110401.jpg

後は春まで放置でいい…はず?(手探り状態)
ひとつ片付いてスッキリしました。


↓10月まで花芽が育っていたミモザ
2010110402.jpg

あとは↑とカツラとオリーブの雪吊り…これが面倒臭い(泣)
この季節になると雪降らない地方が羨ましくて仕方なくなります、雪吊り嫌さで。
降っちゃえば、もう、観念するんですけどね。
白銀の庭は幻想的(というより汚い庭が隠れて綺麗)に見えて好きだし。


今日は、家の真裏にある農業用水の土手?縁?の雑草刈りも頑張りました。
ここは市の敷地で、放置状態雑草ボーボーで景観悪いわ蚊の温床になるわの厄介な場所。
うちの土地じゃないのになんで草刈り(;´д⊂)とは思いますけど
ブーブー言っても雑草ボーボーの小汚さは解消されないので、
雑草取って耕し、勝手にポピーの種を撒いて、春のポピー畑を楽しむことにしてますw
あ、他にも花壇から引っ越ししたタチアオイを植えたしセージもこの前移植したんだった。
雑草は特にスギナがひどいので、いつか丈夫なグランドカバーをはびこらせて
スギナを淘汰してやろうとたくらんでます。

と、なんやかんやで私有地化しとりますw


↓お帰り前に、よかったらポチっと。
 あなたの応援クリックが私の糧です。励みです。
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
ご来訪ありがとうございました(´-ω-`))ペコリ

芝生のお手入れ
外構工事が終わって10ヶ月も経って、やっと芝生について書くことにしました。

いつか回顧する時のために、今、記録しておかないとね。
かつて青々とした芝があった という記録を。


  ブログ村人気ランキング 

“芝生のお手入れ” の続きを読む

コンクリート目地に植えたグラウンドカバー
今日は、我が家に育っている植物の中でも、特にズボラー(ずぼらな人。そのまま)にうってつけのプランツをいくつか紹介したいと思います。


うちの駐車スペースは屋根無しの土間コンクリート打ちです。
最近は、クラック防止目的のコンクリート目地を草目地にしているお家が多いですよね。
無機質なコンクリ―トを少しでも和らかい表情に見せるポイントになるので
我が家でも草目地を採用しました。


草目地で一番よく見かけるのは、タマリュウ(リュウノヒゲ)かな。
丈夫で一年中緑を保てるので好まれているんだと思います。

私の個人的なイメージですけど、タマリュウのシャープな葉の形と濃い緑は
モダンスタイルのお家にはとても合うなって思うのですが
我が家の場合、家の外観や外構のイメージに沿って考えると
シャープさより柔らい印象の草花の方が合うような気がしました。

  ブログ村人気ランキング 

“コンクリート目地に植えたグラウンドカバー” の続きを読む

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。