TOP

このカテゴリーの記事


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い家住まいのストレス初め。それは書き初め。
「書き初め」←子どもの冬休みの宿題です。

これが今年初ストレス。ストレス初めです。

墨が家のそこかしこについちゃうストレスです。

勿論、床に新聞紙を敷きつめてビニールシートも敷いてます。
それでも汚れます。
何故に!
子どもの行動は予測不能です。

習字を教えるのは結構楽しいんだけどなー。
けど…終始↓こんなカンジだから疲れちゃうんだよね

あ、気をつけて。袖口に墨ついちゃってるから。
うわぁ、細筆がコロコロ転がってますけど…

アイちゃん。こぼした墨を雑巾で拭くのはいい。
「すぐに拭く」その心がけは素晴らしい。
しかしその雑巾をどうして床に直(ちょく)に置くのかと問いたい。
小一時間、問い詰めたい。

えっ、墨だらけの手でどこ行くの?トイレ?
ちょっと手を洗ってから行った方が…ちょ…「もうチビりそう」ってアンタ
しゃーない、早く行っておいでっ・・・!



書き初め練習は、毎日続きます。
毎日書いて、出来の良いものを学校に提出することになっているのだといいます。
決まりに従い律儀に毎日練習する娘はえらいと思います。

けれど毎日真っ黒な墨水がドロドロ流れる後片付け。これもえらい。
散らかった洗い場の後始末って超大変です。
でも子どもに任せると後々もっと大変なことになるので手出ししてしまいます。

筆ってそんな一生懸命洗わないと駄目だったっけ?
白いシンクが真っ黒だよ。
でもお風呂場で洗えばカラリ床が黒ずむし…外水栓は雪で埋もれてるし。
洗面所で洗うしかないのよね。

あぁ、やっと終わったと思ったのに濡れた手や道具から
薄い墨の水がポタポタ垂れてるし…。

洗面室のタイル床の目地ときたら、墨をよく吸い込みますこと・・

_ノ乙(、ン、)_グッタリ


マルチシンクがあると良かった…って以前記事に書いたけど
マルチシンクも白いからどっちみち黒ずむよね。これはしょうがない。
それもそうだけど、床も気をつけないと、ってことが今回よく判りました。

子どもの書道(学校で必修科目)の後始末を考えると、洗面室とかユーティリティに
クッションフロア・フロアタイルを使うと手入れが楽だと思います。

普通のタイルの床も汚れに強いんですが、目地が汚れちゃうんだよねー


過去の記事→墨汁怖い!今どきの小学生は習字道具を家で洗うのだ


明日から学校が始まります。
こんなに頑張ったんだ。本番の書き初めはうまくいくさ。


応援クリックがブログ継続の励みになっています
↓のバナーを(σ´∀`)σポチッとして頂けると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
ご来訪ありがとうございました(´-ω-`))ペコリ
スポンサーサイト

ダイニングテーブル下の床掃除
床で一番汚れがつきやすい食卓の下。
無垢の床で天然系のワックスなんか使ってると特に、あっという間に剥げて
汚れがつきやすくなってしまいます。

また、ダイニングテーブルを子ども達が机代わりに使うと
消しゴムのカスやらクレヨンの粉やらも床に落ちて、
それを椅子の足でガーッと引きずって、床には黒くネチョついた汚れが付着して。
あー、やだやだw

それらの付着汚れをゴールデンな休日中に少し掃除しました。


まず、かたく絞った濡れ雑巾で拭き、それでも落ちない汚れは
激オチくん風スポンジで擦り落とします。

メラミンスポンジで擦ると汚れも落ちますが結局床の表面を削ってる訳ですから
若干床面がザラザラっとしますので、気になるようなら
目の細かいサンドペーパーを使った方がいいかもしれません。
(私は横着なので激オチくんオンリーで。)

汚れが落ちたら、過去記事にしたキヌカというワックスをウエスですり込んでおしまいです。

前の記事→日常的な無垢床のお手入れ

 お米から生まれた100%自然塗料(米ぬか塗料)
 キヌカオイル 1L
 塗り面積の目安 内容量1L品で約80平米
 当店特別価格 5,870円 (税込) 送料別



↑1000mlボトルで購入したキヌカは、何年も浮気できないくらいたっぷり残っています。
このボトルに入ったままだと手軽にお手入れする気が失せるので、
↓ご覧のような100均のボトルに入れて、いつでもすぐ使えるようにしています。

2010050601.jpg

サラダ油くらいの粘度なのでボトルからチューっと出せます。色も似てるね。

食いしん坊のアールは、キヌカの入った100均ボトルを見て
「なにしてるの? なに塗ってるの? ハチミツ?」
って言ってました。
そうねぇ、ハチミツに見えなくもないけどお前はプーさんか。


↓あなたの1日1クリックのお陰でいろんなことが頑張れます
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
ご来訪ありがとうございました(´-ω-`))ペコリ

日常的な無垢床のお手入れ
うちのパインの無垢床に使っているワックスはお米から生まれた自然塗料「キヌカ」。
サラダオイルくらいの粘性の液体で、伸びがよく、また自然素材でできているため
塗る時に手袋なんかしなくても全然へっちゃらですし(あっ、私はしないということです)、
臭いもないし、乾くのが早い!ということで作業性がとてもいいです。

しかし、薄づきであるが故にということなのか、水をはじく力はあまり強くない気がします。


  ブログ村人気ランキング 

“日常的な無垢床のお手入れ” の続きを読む

パインの床は傷だらけ
パイン材の無垢床は柔らかく、ちょっとした衝撃で傷がつきます。

その傷は、ある程度までならスチームアイロン等で修復出来るのですが
アンティークの似合うフレンチカントリースタイルが好きな我が家(というか私)は
あまり気にしておらず、傷のお手入れはほとんどしていません。

家具でもオールド加工やアンティーク加工でわざとキズをつけた物の方が
ピカピカのものより気持ちが落ち着く自分にとっては
パイン床の程よいキズや凹みは味わいのひとつと受け入れやすい。

この傷にワックスの手入れが加わり、永年使われてきたような風合いが出てこれば、
むしろ願ったりかなったりです(私はw)。

しかしそんな私でも「気にならない傷」と「これはちょっと…イヤ」な傷があるんです~


  ブログ村人気ランキング    

“パインの床は傷だらけ” の続きを読む

タイルの床、ニュース速報
えー、たった今入ったニュースです。

先ほど、キルフェボンの長女アイが

2009020503.jpg




 パリーン!!




とコップを割りました。

この事故による怪我人はない模様です。


長女の話によりますと、母親のキルフェボンは長女に
「危ないから動いちゃだめ」と制し手を取って移動させた後
「タイムリーすぎる…」と意味不明な独り言を呟きながら
デジカメで写真をとっていたということです。


なぜタイムリーなのかは前記事参照


以上、ニュース速報でした。ウッウッ



ランキングに参加しています
揃いのコップが3つしか残ってない我が家に愛のポチを…
  ↓              ↓  
にほんブログ村 住まいブログへ



インテリアカテゴリーに新たに加わりました

にほんブログ村 インテリアブログ フレンチインテリアへ



雑貨から家具までデザイン性、機能性の両立した商品を提案します。

styledeco.jpg
インテリア雑貨のスタイルデコ



アップロードファイルにほんブログ村 住まいブログ人気ランキングへGO!アップロードファイル

タイルの床
我が家の洗面脱衣室とキッチンはドアで繋がっていて
回遊できる間取りとなっており
そのキッチン~洗面脱衣室の床はタイルを使っています。

この家に住み始めて3月で1年になりますが
水を扱うこの場所だけタイルにしてよかったとつくづく感じます。

“タイルの床” の続きを読む

無垢の床の隙間にー(涙)
我が家は和室・キッチン・トイレ・洗面室を除いて全てパインの床材を使っています。

床材の幅は135mm、15mm厚+12mmのコンパネで構成された床で
基礎部・壁体内部に温めた空気を循環させているので床下暖房のような感じです。

無垢の床といえば…

「冬場の乾燥時期には縮みや反りで床材に隙間ができます」

と、プラン当初から工務店に何度も言われていましたので腹はくくっていました。

そして今、入居後初の冬を迎えています。

床はどうなってるかな?いよいよマツイ棒の出番か?

いや、もしかしたら…
私が浮世離れしている間にマツイ棒を凌ぐ神グッズが生まれているかも…
どうなの、感度の良いアンテナをお持ちの奥様方?情報求む!


っと脱線。床の隙間の話は下に続きます…


“無垢の床の隙間にー(涙)” の続きを読む

あたたかい床とスリッパ
我が家は冬期は床下・壁体内を循環する空気を24時間ヒートポンプで温めています。
故に、パイン無垢材の床はじんわりと温もりがあり、
雪の降るこの季節でも子ども達は素足で過しています。

“あたたかい床とスリッパ” の続きを読む

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。