TOPトイレ・洗面・浴室

このカテゴリーの記事


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレのニッチとその周辺
トイレットペーパーのストック置き場に、小さなニッチをひとつ作りました。

3ロール収まるサイズで作り、通常は2ロールストックするようにしています。

2010090201.jpg

トイレットペーパーは白で。うちのトイレには合わないので
どんなにお買い得であっても色付きや柄付きのトイレットペーパーは買いません。
一度ピンクのトイレットペーパーを置いたらびっくりするくらい浮いて、
ちぐはぐってこういうことを言うんだなぁ…と、12ロール使い切るまで毎日思いましたw

トイレは基本あまり飾り付けしたくありません。
だってトイレってペーパーからホコリが凄く出るんだもん。
気を抜くとあちこちにホコリ積もるよ。

そしてペーパーホルダーが超事務的でオシャレじゃないですよ。
この紙巻器に決めた、ことの顛末はこちらに書いた通り。
愛想もクソもないホルダーなんですが、後悔していません。
むしろこれを選んだ私にGJと言いたいくらい満足しており
「凝った可愛いホルダーを選ばなくて良かった」と本当に思ってます。
なぜに?と聞かれたら「これ以上うるさいのはちょっとね」ってことかなぁ

うちのトイレは座った時にまずニッチの存在が目に入ります。結構アピール強いです。
ストックありますどうぞどうぞ、みたいな。
紙切れ心配ナッスィンですからがんがん用足してくださいどうぞどうぞ。
更にその上の注意書きプレートも訴えます。アピール頑張ってます。
操作リモコンにも文字情報たっぷり。「小」の時はこのボタンですどうぞどうぞ。
アッ、う○この場合はコチラですどうぞどうぞ。お尻洗うとき(以下略
ああメッセージだらけ。
なのに、ここで更に可愛く凝っちゃったペーパーホルダーが
ねぇねぇ紙引っ張る前にアタシ見て癒されてくださいどうぞどうぞ
って訴えてきたらどうでしょう。んー過剰サービス

そういえば以前広すぎるトイレは落ち着かないという話を書いたっけ。
狭い方が落ち着いて用を足せる、と。
しかしそれは「一人きりで静かに過してこその落ち着ける空間」であって
「そこかしこからアタシをごらんアピールのある狭い空間」では
いささか息苦しさを感じるっていうか。
これはあくまでも個人的な感覚です。
というか自分のセンス(バランス感覚)がないんだと思います。
狭い空間の細部にまでしっかりこだわりを詰め込んで素敵にされてる方も
たくさんいらっしゃるもんね。


ちなみにニッチの上に貼られたプレートには

2010090202.jpg



 トイレ

 時間をわきまえない占拠は
 罰金50ユーロ



と書いてあります。こわ(ってこれが一番問題なんじゃ…)プレートの過去記事はこちら

と何だかんだ書いてる割に実際はトイレの中なんていちいち見てないよね。
よく考えたら私、よそ様のお家でもトイレの内装とかインテリアって全然見ないや。
皆さん見るものなのかな。それも人それぞれかな(と自己完結)。

↓お帰り前に、よかったらポチっと。
 あなたのお声代わりの応援クリックがあるととても励まされます。
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
ご来訪ありがとうございました(´-ω-`))ペコリ
スポンサーサイト

バスグッズというよりシャンプーの話になってしまいました
前回の続きです。

お風呂場をスッキリさせてカビやぬめりの温床を減らしたい我が家。

でもまぁ実際は、子どもの水遊びグッズとか置いてあってなかなかスッキリはさせられませんが
シャンプー・石鹸類を置くラックはモノを増やさないように心がけています。


  ブログ村人気ランキング 

“バスグッズというよりシャンプーの話になってしまいました” の続きを読む

バスグッズは極力少なく
うちのお風呂は超殺風景。シンプル。

バスルームをかわいい癒し空間に演出したいという気持ちもないわけではないのですが
お掃除を考えると、どうも演出に気が回らないというか。

オサレ心 < ズボラ心  ですから。

グッズが増えればそれだけ掃除の手間も増えてしまいますから
お風呂場になるべくモノを増やさないように心がけています。


  ブログ村人気ランキング 

“バスグッズは極力少なく” の続きを読む

手洗い洗濯はどこでする?
手洗い洗濯・つけ置き洗い、運動靴や掃除用具を洗う時って、どこでしますか?


  ブログ村人気ランキング 

“手洗い洗濯はどこでする?” の続きを読む

洗面台の照明
洗面台前の照明って重要です。ここでお化粧する場合は特に!

我が家には私専用のドレッサーなんてものがないので洗面台でお化粧することになります。
だから出来れば顏の隅々までよーく照らしてくれる照明が欲しい。

ハリウッドミラーってあるじゃないですか。
女優さんが楽屋でメイクアップする時に使ってたりするやつ。
鏡の周りを電球で囲んであって、強い光でシミやシワやくすみが飛ばされて
肌が美しく見えるという、目くらまし鏡のことです。

2009032101.jpg

設計中、そういうのがいいなー!なんて思ったりもしたんですよね。一時。

しかしよく考えたら、この鏡の前ではシミやしわが飛ばされていても
リアルの自分は相変わらず小汚いってことには変わりないわけですよね。

こんな鏡を設置しようもんなら、浅はかで単純な私のことですから
白飛びでシミやしわが消え肌がシルクのように見える視覚効果に騙され
「今日の私は手を加えないでもイケる」と勘違いしたままノーメイクで外に出るといった
自殺行為におよんでしまうに違いありません。


おー怖っ!あかん!ハリウッドミラーはo(*≧◇≦)o″ダメ!!


しかし天井のダウンライトだけではお化粧するには暗すぎるしーということで
鏡の上にシンプルなソケットとボール球の照明を2つ設置しました。


  ブログ村人気ランキング    

“洗面台の照明” の続きを読む

ホシ姫サマと洗濯物一日分の重量
昨日の日記にホシ姫サマ(コンパクトタイプ)の荷重制限が脱水後8kgまでと書いたところで
私はいつも何kg分の洗濯物をぶら下げているのか気になってきました。
重すぎる洗濯物はモーターに負担をかけ、故障の原因となるでしょうしね。
そこで今朝、我が家の平均的な1日の洗濯物の重量を把握するため、
脱水後の洗濯物の重量を量ってみました。


  ブログ村人気ランキング    

“ホシ姫サマと洗濯物一日分の重量” の続きを読む

ホシ姫サマを選んだ理由
我が家の室内干し設備は、Panasonicホシ姫サマのコンパクトサイズ1機だけです。

ホシ姫サマには他にロングサイズ1本(脱水後10kgまで)、ショートサイズ2本(15kg)等ありますが我が家は設置場所のスペースの都合上コンパクトサイズ1本のみ。

荷重許容量8kg(脱水後)では家族4人分の洗濯物を干すには全然足りないので
以前日記に書いたハンガーパイプをほぼ毎日併用しています。


  ブログ村人気ランキング    

“ホシ姫サマを選んだ理由” の続きを読む

型ガラスでも中の様子が見えます
先日ブログで勝手口ドアのカーテンについて書いたところ
その日記をお読みになったマイホーム建築中・プラン中の方から
「そんなに透けちゃうもの?やっぱりカーテンは必要?」というコメントを頂きました。

やっぱりそうなるよね。
窓やドアの「外からの見え方」って図面やカタログだけではイメージしづらいです。
私も住み始めるまでは、ピンとこなかったもんな。

たとえば、アパートやマンションなどの集合住宅の場合、
「外からの目線にさらされる箇所」は限られてて、プライバシーを守る工夫は
その「外から見える場所」にだけ施してやればよかった。

今回の洗面脱衣室だって、私たちが前に住んでいたアパートだったら
外からの目線を気にする必要はほとんどありませんでした。

つまり「見えてしまうかもしれない不安」を身を以て体感していないから
いざ戸建てで1階の洗面脱衣室にドアや窓を作ろうとしても、
どこに気をつけて考えればよいかわかんない(笑)
ビルダーさんのアドバイスを聞いて想像力を働かせるよりほかないんです。

そのうえで、透けないように型ガラス・すりガラスを選んだし、
大きな道路に面していない場所に配置したし、
そこそこプライバシーは守られているプランだと思ってました。
だから、落ち着かなさを感じつつも、ドア前に適当にモノを置いてごまかしながら
「まあ大丈夫だろう」と何ヶ月もカーテン無しで過ごしてたんですよね~


ところが、先日の日記にコメントをくださった別の方のお話によると…


  ブログ村人気ランキング    

“型ガラスでも中の様子が見えます” の続きを読む

旧居から持ってきた「オサレじゃない物」
花粉舞ってるよね・・・・・ズズッ  ぐるじい、ほんと。
2009030501.jpg
せっかく家の外は春めいて…、青空が広がっているというのに
どこへも出かけず引きこもっています。

郵便屋さんの荷物を受け取るためにドアを開けただけで大変。
途端にくしゃみが止まらなくなるもの。

うちでは晩秋から4月の終わりまで洗濯物はずっと室内干しだから
花粉が舞うからといってダメージは受けてないんですけど

我が家の室内干し設備は、
洗面脱衣室のホシ姫サマ1カ所しか作らなかったから
シーツや毛布など大物を干す時スペースが足りなくなるんです。


  ブログ村人気ランキング    

“旧居から持ってきた「オサレじゃない物」” の続きを読む

コーラーの洗面ボウルに恋焦がれて
ナチュラルスタイルがお好きな方には米国・コーラー社の
陶製シンクや洗面ボウルは、すっかりおなじみのアイテムですよね。

私もご他聞に漏れず(←ミーハーとも言う)憧れだったコーラーを
造作洗面台に採用することをプラン前から決めていましたが
担当の設計士さんは慎重でした。

コーラー社製品はとても素敵なのですが、国産と違って作りがラフ。
国産製品と組み合わせる時微妙にサイズにズレがあったり
新品でも表面にひびがあったりすることもあります。


と、何度も何度も忠告してくださっていましたが…


ここで ( ゚∀゚)o彡° コーラー!コーラー!
興奮状態のミーハー主婦が聞く耳持つと思いますか・・・?

“コーラーの洗面ボウルに恋焦がれて” の続きを読む

| | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。