TOP上棟前日~上棟

このカテゴリーの記事


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上棟の翌日。
雨の上棟から一夜明けて、10月21日。

いい天気。きれいな青空

昨日の豪雨は、何だったの?神様、悪ふざけがすぎるYO!!


とりあえず、雨でびしょ濡れになった柱だけの家でも見てくるかと現場へ行ってみると
おや?工務店の車が4台も停まっています。

工事予定は聞いていなかったのですが、工務店の社長率いる大工さん達が昨日の続きをしていらっしゃいました。

壁用下地材を貼っています。




南側からダイニングキッチン(平屋部分)を見ると、
キッチン上部のロフト部分が何となく判ります。
その上の屋根の垂木の間には、断熱材のウレタンボードが入れられていました。




北東側から少し離れて見ると、野路板が貼られた屋根が見えます。




今日も遅くまで投光機をつけてお仕事をしておられたようです(オット談)。

お休みもなくお仕事頑張ってくださった職人さん達には感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとう、ありがとう。


そうそう、ありがとうで思い出しました。

昨日、上棟の様子を見たご近所さんが現場にお祝いのお酒を届けてくださいました。
日取りも何もお知らせしていないのに…。びっくりしました。
内祝いを準備しておらず、慌てて熨斗のついたお赤飯だけお渡ししました。

儀礼的なことなのかもしれませんが、これから長いお付き合いになるご近所さんが
私達家族を歓迎してくださっているのかなと思い、感激した出来事でした。

その他にもお祝いしてくださった、土地の売主のT(株)さん、エスケーシーさん、
仕出屋さん(オットの会社の繋がりがあったので)、お心遣いありがとうございました!


沢山の方の手によって私達の住まいが形になっていっています。
あの家は、お金を払った私達が作ったのではなくて
携わってくださった方の汗と努力の結晶なのですね。
目には見えないけれど、関わった職人さん全員の寄せ書きがあの家には残っている気がします…
お力を寄せてくださった方々の働く姿、そして感謝の気持ち、ずっと忘れずにいたいです。


私は誰かに何かをしてあげられるでしょうか。うーん。


考えると長くなりそうなので… 今日はこのへんで。


これからブログ更新が滞るかもしれません。
子どもの行事がとりわけ多い秋。アイの誕生日も近いんだった。
うれしたのし、いそがしや。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ
 ↑応援が更新の励みになります
  読んでいただけましたらポチッとよろしくお願いしマス


アップロードファイルにほんブログ村 住まい・一戸建てブログ人気ランキングへGO!アップロードファイル

スポンサーサイト

雨の上棟
10月20日、上棟の日。
朝8時にオットがのんびり現場へ向かうと作業は既に始まっており、
2階の床を支える梁を渡しているところでした。
職人さんは総勢8名(+SKC社長 兼 棟梁)
朝早くから、お疲れさまです!

午前10時。2階の管柱を立てています。


お昼近くから、恐れていた雨がとうとう降り出しました。

正午。2階天井部分の合板が貼られていました。
用事で現場を離れ、戻ってくる度にどんどん形が変化しているので目が追いつきません。




午後3時。 な゛っ( ̄□ ̄;)!!! 既に棟木が組まれている…!
ああ。棟上げの瞬間見たかったなー



徐々に雨風が強くなってきたので職人さん達の足場が心配です。
こんなひどい雨に打たれれば、体も冷えてくるし集中力を維持するのも容易ではないでしょう。
しかし職人さん達は雨など全く気にならないとでもいうように機敏に動き回っています。
雨の中、あんな不安定な足場をスイスイと歩いて。
神業です。後光が差して見えます。感謝の気持ちで一杯です。。


しかし、びしょ濡れの職人さん達を思うと進捗状況に胸躍らせる気分にはとてもなれないのでした…


午後5時前にオットが一人で見学。どしゃ降りで辺りには暗闇が迫っています。
そんな中でも屋根の野路板を貼り終え、その後もまだ作業を続けていらっしゃったそうです。

こんなひどい雨の中で作業…(((;゚Д゚)))ガクブル
傘さして歩くのも躊躇われるくらいの雨と風なんですよ!

有難い気持ちを通り越して、こんな日を上棟に選んでしまった事が
申し訳ないような気さえしてきました。

――この日、職人さんが全員引き上げて行かれたのは午後6時過ぎでした。
遅くまで作業にあたられた皆様、本当にありがとうございました!


待ちに待った上棟の一日は、残念ながら皆さんが仰るような感動を味わう事なく終了しました。

予想外のお祝いの対応に追われ、家と現場を慌しく行き来していた事と、
とにかく午後からの雨がひどく、現場の職人さん達が心配で
肝心の上棟を堪能するゆとりが全くありませんでした。

お出しするのを楽しみにしていたおやつの肉まんも結局バタバタしていて出せずじまい…でした。
今にみてろー絶対差し入れで肉まん持っていくもんねーリベンジじゃーヽ(`Д´)ノウワァン



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

 ↑応援が更新の励みになります
  読んでいただけましたらひとつずつポチッとよろしくお願いしマス


アップロードファイルにほんブログ村 住まい・一戸建てブログ人気ランキングへGO!アップロードファイル


土台敷きから前起こし~明日上棟です
10月18日(木曜日)朝の現場



土台敷き作業が始まっていました。
プレカットで刻まれた材木がぴったりと組まれています。
土台は檜4寸。


10月19日(金曜日)今朝の現場




小雨がぱらつく中、昨日に引き続き、前起こし作業。
足場も組み始められています。




 キルフェボン邸
 1階 ろ15 0021
 と書いてあります


工場でプレカットされた材木には、「いろは」の番号がふられています。
土台にも柱に対応する番号が記されています。

本日4時30分の現場。作業は終了していました。
足場が組みあがり、明日必要な材木の搬入も全て終っていました。
後は明日の上棟を待つばかりです。





予報では明日も雨です。
施主としては、雨で材木が濡れると劣化するのではないかと心配になってしまいます。
ベニヤの上の水溜りや、保護用のブルーシートを押さえる為に置いた「いろは番号」のついた
ずぶ濡れの材木を見て、こんなぞんざいな扱いでいいの?と不安を感じました。
まあ…、明日は雨天でも上棟を決行して材木は全て雨ビショになるんだから同じ事なんですけど。

住まいの水先案内人・木材と雨の影響 では
水に浸した木材を乾燥させる比較実験を行っています。
それによると、雨による材木の劣化の心配はさほどないとの事でした。
(でも、、これを読んでもまだ不安は残ってる…のね…(。-∀-))

それよりもむしろ、職人さん達の足場が滑りやすくなる為
作業に危険が伴うという点で雨天の作業は大変なようです。


どうか明日は、安全に恙無く作業が進みますように。
ひどい雨になりませんように!



最後に、
↓上棟の日に職人さん達にお出しするものリスト(メモ)↓

昼食時
お弁当 仕出屋で1000円@也(安くて申し訳ない)
赤飯 実家で準備(パックに詰めたものをお弁当と一緒にお渡しする)
お茶缶 明日は寒いのでHOTを準備
缶ビール お持ち帰り用のおまけ 500ml+おつまみ付

休憩時
お茶、缶コーヒー(ブラック&微糖) HOTです
お茶菓子
 他に体が温まる間食を調達(紺ちゃんサンからアイデアを盗…お借りして肉まんにする予定)

ご祝儀は、後日、現場でお仕事をされている職人さんに直接お渡しする事にしました。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ
 ↑応援が更新の励みになります
  読んでいただけましたらポチッとよろしくお願いしマス


アップロードファイルにほんブログ村 住まい・一戸建てブログ人気ランキングへGO!アップロードファイル

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。